過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ビタミンとその欠乏症の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
葉酸 -------------- 悪性貧血
 2 . 
ビタミンK ---------- 新生児メレナ
 3 . 
パントテン酸 ------- ペラグラ
 4 . 
ビタミンE ---------- 神経管閉鎖障害
 5 . 
ビタミンB12 -------- 角膜乾燥症
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

新生児メレナは、新生児がビタミンK欠乏症により、血液凝固の遅延や出血傾向となり、消化管出血をおこした状態のことです。
ビタミンKは腸内細菌からも合成されるが、新生児は腸内細菌が少なく、母乳にビタミンKが含まれていないことから、新生児はビタミンK欠乏になりやすくなります。

1.葉酸欠乏症は、巨赤芽球性貧血、下痢、舌炎などです。
悪性貧血はビタミンB12欠乏で起こります。

3.パントテン酸欠乏は成長障害や皮膚炎、副腎障害などです。
ペラグラはナイアシン欠乏症で起こります。

4.ビタミンE欠乏症は、未熟児の溶血性貧血、神経障害などです。
神経管閉鎖障害は葉酸欠乏で起こります。

5.ビタミンB12欠乏症は、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)などです。
角膜乾燥症はビタミンA欠乏症で起こります。

2015/06/20 17:05
ID : qbdskssuxd
0

1.悪性貧血は、ビタミンB12が欠乏することで起こります。

2.新生児メレナとは、消化管出血のことで、血液凝固に関わるビタミンKの欠乏により起こります。
よって、正しい答えとなります。

3.ペラグラは、ナイアシンが欠乏することで起こります。

4.神経管閉鎖障害は、葉酸が欠乏することで起こります。

5.角膜乾燥症は、ビタミンAが欠乏することで起こります。

2016/09/20 19:35
ID : hvhomzxu
0

正解は 2 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/栄養障害と代謝疾患からの出題です。

1:葉酸の欠乏症として挙げられるのは、神経管閉鎖障害や巨赤芽球性貧血などです。

2:正しい組み合わせです。新生児が吐血や下血など、消化管からの出血をきたす状態です。

3:パントテン酸の欠乏は四肢にしびれがでたり、成長停止が見られたりします。

4:ビタミンEの欠乏では溶血性貧血が見られます。

5:ビタミンB12の欠乏では、悪性貧血を起こします。角膜乾燥症はビタミンAの欠乏で見られます。

2016/04/04 10:06
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。