過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

血圧調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
血液粘性が高いと、血圧は低下する。
 2 . 
動脈血圧は、心拍出量と末梢血管抵抗の和であらわされる。
 3 . 
心臓への流入血液量が増えると、心収縮力は低下する。
 4 . 
副交感神経刺激で、心拍出量は増加する。
 5 . 
血圧の上昇により圧受容体が刺激されると、心拍数は低下する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

血圧を一定に範囲に保つために、血圧が上昇し、圧受容体が刺激されると心拍数の低下、心筋の収縮力の低下し、血圧が低下します。
この反射システムを血圧反射機能と呼びます。

1.血液粘性が高いと、血液の流れが悪くなるので血圧は上昇します。

2.動脈血圧は、心拍出量と末梢血管抵抗の積であらわされます。

3.心臓への流入血液量が増えると、心収縮力は増加します。
スターリングの法則に
「心筋は弛緩期に流入する血液の量が多く伸展しているほど、強い収縮力を発生し、心拍出量が増加する」というのがあります。

4.副交感神経刺激で、心拍出量は低下します。
交感神経刺激で、心拍出量は増加します。

2015/06/24 13:09
ID : qbdskssuxd
0

1.血液粘性が高いと、血管抵抗が大きくなるので、血圧は上昇します。

2.動脈血圧は、心拍出量と末梢血管抵抗の積で表されます。

3.心臓への流入血液量が増えると、心収縮力は増大します。
心筋は、引き伸ばされると収縮力が強くなる性質をもっています。心臓への流入血流量が増えると、心臓はふくらみ、心筋は引き伸ばされるため収縮力は増して、送り出される血液量も増えます。この心筋の性質により、心臓に戻った血液量に応じて血液を送り出すことができます。

4.副交感神経刺激で、心拍出量は低下し、交感神経刺激で、心拍出量は増加します。

5.頸動脈洞や大動脈弓の動脈壁には、動脈圧のセンサー組織である圧受容器があり、血圧が上昇するとこれらの圧受容器が刺激され、その情報が脳(延髄)へ送られます。脳は、交感神経のはたらきを弱め、副交感神経のはたらきを強めて心拍数を低下させます。
よって、正しい答えとなります。

2016/09/20 20:30
ID : hvhomzxu
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/循環器系からの出題です。

1:血液の粘性が高いと血圧は上昇します。粘性が高いことで血液が流れにくくなり、血液が押し詰まるためです。

2:動脈血圧は心拍出量と末梢血管抵抗の積であらわされ、心拍数と末梢血管抵抗が増加すればするほど高くなります。

3:心筋は弛緩期に伸展しているほど強く収縮するので、心臓への流入血液量が増えると心収縮力は増加します。

4:副交感神経刺激によって心拍数と心収縮力が低下するため、心拍出量は低下します。

5:記載の通りです。血圧が上昇すると、頸動脈洞と大動脈弓にある圧受容体が伸展して興奮します。その情報が血管運動中枢に伝わり、副交感神経が優位になります。その結果、心拍数の低下などの反応が起こり、血圧が低下するように働きます。血圧を一定に保とうとする反射によるものです。

2016/04/05 09:21
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。