過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

骨吸収を促進するホルモンである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
アドレナリン
 2 . 
副甲状腺ホルモン(PTH)
 3 . 
エストロゲン
 4 . 
プロゲステロン
 5 . 
カルシトニン
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 2 です。

骨吸収とは、破骨細胞により古い骨が分解されることです。
副甲状腺ホルモン(PTH)は、骨吸収を促進して骨から血液へカルシウムを移動させ、血中のカルシウム量を増やします。

1.アドレナリンは骨吸収を促進しません。

3.エストロゲンは骨形成に作用します。

4.プロゲステロンは骨吸収を促進しません。

5.カルシトニンは骨形成に作用します。

2015/06/24 14:50
ID : qbdskssuxd
0

骨形成と骨吸収は対の関係にあります。
骨形成は血液中のカルシウムを吸収して、骨を形成することで、カルシトニンによって促進されます。
骨吸収は骨に含まれるカルシウムを吸収して、血液中にカルシウムを取り入れることで、副甲状腺ホルモン(パラソルモン、パラトルモンともいいます)によって促進されます。

上記より、骨吸収を促進するホルモンは2番の副甲状腺ホルモン(PTH)です。

1.アドレナリンは、骨の形成や骨吸収には関係ありません。

3.エストロゲンには、骨吸収を抑制する作用があります。

4.プロゲステロンは、骨の形成や骨吸収には関係ありません。

5.カルシトニンには、骨形成を促進し、骨吸収を抑制する作用があります。

2016/09/21 18:33
ID : hvhomzxu
0

正解は 2 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/内分泌系からの出題です。

骨は骨吸収と骨形成とが一定の秩序で行われ、新陳代謝を繰り返しています。このバランスが保たれていれば骨量が一定に保たれます。
このバランスは副甲状腺ホルモンのほかに、カルシトニン、活性型ビタミンDなどに影響を受けます。
このうちカルシトニンと副甲状腺ホルモンは逆の動きをして、副甲状腺ホルモンはCa+再吸収を促進します。

2016/04/05 09:44
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。