過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

病原体とそれによる疾患の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) ---- 成人T細胞白血病
 2 . 
マイコプラズマ ------------------------- 肺炎
 3 . 
ヒトパピローマウイルス ------------------ 子宮体がん
 4 . 
A群β溶血性連鎖球菌 ------------------ 胃潰瘍
 5 . 
ヘリコバクター・ピロリ ------------------- 膵臓がん
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、院内感染の主な病原菌で、敗血症がみられることがあります。

2.マイコプラズマとは、肺に感染して炎症を起こす菌で、マイコプラズマ肺炎になると、しつこく咳が続いたり発熱したりします。
よって、正しい答えとなります。

3.ヒトパピローマウイルスが原因となるのは、子宮頸がんです。

4.A群β溶血性連鎖球菌は、扁桃腺炎などの上気道感染の病原菌であり、感染すると、急性糸球体腎炎やリウマチ熱が続くことがあります。

5.ヘリコバクター・ピロリは胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍の危険因子です。

2016/09/22 10:11
ID : hvhomzxu
0

正解は 2 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/感染症からの出題です。

1:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)との正しい組み合わせとなるのは、院内感染症です。薬剤耐性菌であるため、院内感染や日和見感染の病原菌となります。

2:正しい組み合わせです。マイコプラズマ肺炎を発症します。

3:ヒトパピローマウイルスとの正しい組み合わせは子宮頸がんです。

4:A群β溶血性連鎖球菌では、急性糸球体腎炎などの発症が考えられます。

5:ヘリコバクター・ピロリは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの発症につながります。

2016/04/08 20:59
ID : oovsedpp
0

正解は 2 です。

マイコプラズマは細菌より小さく、代表的な疾患にマイコプラズマ肺炎があります。

1.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は薬剤耐性菌で、院内感染や日和見感染を起こしやすい病原菌です。
成人T細胞白血病は、成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-1)が原因ウイルスです。

3.ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因となるウイルスです。

4.A群β溶血性連鎖球菌は、喉頭炎や猩紅熱などの原因となります。

5.ヘリコバクター・ピロリは胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因となります。

2015/06/24 18:04
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。