管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15445問 出題

問題

大豆とその加工品に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
湯葉は、大豆たんぱく質を凍結変性させたものである。
 2 . 
大豆レシチンは、乳化剤として利用される。
 3 . 
大豆に含まれる主要たんぱく質は、グルテニンである。
 4 . 
大豆油に含まれる多価不飽和脂肪酸は、n-3系が多い。
 5 . 
浜納豆は、納豆菌を用いて製造する。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は 2 です。

大豆レシチンは、疎水性基と親水性基を持ち、乳化剤として広く利用されています。

1.湯葉は、大豆たんぱく質を熱変性させたものです。

3.大豆に含まれる主要たんぱく質は、グリシニンです。
グルテニンは、小麦に含まれるたんぱく質です。

4.大豆油に多く含まれる多価不飽和脂肪酸はn-6系
です。

5.浜納豆は、麹菌を用いて製造します。
評価後のアイコン
2015/06/24 18:16
ID : qbdskssuxd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.湯葉は、大豆たんぱく質を熱変性させたものです。大豆たんぱく質を凍結変性させたものは、凍り豆腐(高野豆腐)です。

2.大豆レシチンとは、大豆に含まれる不飽和脂肪酸のことで、リン脂質の1つでもあります。特徴として、水と油の両方になじむ性質があるので、乳化剤としても利用されています。
よって、正しい答えとなります。

3.大豆のたんぱく質の大部分はグリシニンです。グルテニンは、小麦の主要なたんぱく質です。

4.大豆油に含まれる不飽和脂肪酸は、n-6系のリノール酸が多いです。
n-3系の多価不飽和脂肪酸は、魚油に多く含まれています。

5.浜納豆は、こうじかびを用いて製造されています。納豆菌で自然発酵させて製造されているのは、糸引き納豆です。
評価後のアイコン
2016/09/22 10:17
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
正解は 2 です。

食べ物と健康/食品の分類と食品の成分からの出題です。

1:湯葉は豆乳を加熱した時に表面に濃縮される膜です。

2:記載の通りです。食品添加物として使用されています。

3:大豆に含まれるたんぱく質の主要なものは、グリシニンです。

4:大豆油に多く含まれるのは、n-6系多価不飽和脂肪酸です。

5:浜納豆は糸引き納豆とは違い、茹でた大豆と麦をあわせ、麹菌で発酵させて作ります。
評価後のアイコン
2016/04/08 21:04
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。