過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

嗜好飲料に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
緑茶は、茶葉を発酵させて作る。
 2 . 
ウーロン茶のタンニン量は、紅茶に比べて多い。
 3 . 
ココアの苦味成分は、テアニンである。
 4 . 
コーラには、カフェインが含まれない。
 5 . 
果汁100%の果実飲料は、JAS規格では果実ジュースという。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

正解は 5 です。

食べ物と健康/食品の分類と食品の成分からの出題です。

1.緑茶では茶葉を発酵させません。茶葉は加熱をして用います。

2.タンニン量で比較すると紅茶の方がウーロン茶よりも多く含まれています。

3.ココアの苦味成分はテオブロミンです。

4.コーラにもカフェインが含まれています。

5.正しい記載です。JAS規格で果実ジュースとは、果汁100%の果実飲料のみとされています。

2016/09/03 12:44
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解:5

JAS規格では1種類の果汁で果汁100%の果実飲料を果実ジュースとしています。果汁の割合が10%以上100%未満の果実飲料になると「果汁入り飲料」になります。

1.緑茶は不発酵茶です。発酵茶には紅茶があげられます。
緑茶は釜で炒ることで酵素活性を止め(青殺)たあと、成分が出やすいように圧力をかけて揉み(揉捻)、乾燥させることで作られます。

2.紅茶よりウーロン茶の方がタンニン含量は少ないです。
タンニンとは渋み成分のあるポリフェノールの一つです。コーヒーやワインなどにも含まれています。
商品や条件にもよりますが、100mlあたり紅茶には37mg、ウーロン茶には32mg含まれています。

3.ココアの苦み成分はテオブロミンです。
テアニンはお茶に含まれるうまみ成分です。

4.コーラにはカフェインが含まれています。
他に代表的なカフェインが含まれた飲み物には、コーヒーや紅茶があげられます。

2016/04/04 19:18
ID : opbapyocf
0

正解は 5 です。

JAS規格では、果汁100%の果実飲料を「果実ジュース」、果汁の割合が10%以上、100%未満の果実飲料は「果汁入り飲料」とよびます。

1.緑茶は、茶葉を発酵していません。
緑茶は、茶葉を加熱して酸化酵素失活させ、乾燥しています。

2.ウーロン茶のタンニン量は、紅茶に比べて少ないです。
浸出液100g当たりのタンニン量はウーロン茶0.03g、紅茶が0.10gです。
タンニンは渋みやえぐ味成分で、茶やワイン、柿などに多く含まれています。

3.ココアの苦味成分は、テオブロミンです。
テアニンは緑茶のうまみ成分です。

4.コーラには、カフェインが含まれます。

2015/07/03 13:27
ID : qbdskssuxd
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。