管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15448問 出題

問題

ビタミンAに関する記述である。(    )に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。

体内に吸収されてビタミンAとしての効力を示す(  a  )には、ビタミンとしての効力が最も大きい(  b  )や、その半分の効力を示す(  c  ) がある。
 1 . 
(a) カロテノイド ----- (b) α-カロテン -------------- (c) β-クリプトキサンチン
 2 . 
(a) カロテノイド ----- (b) β-カロテン -------------- (c) α-カロテン
 3 . 
(a) フラボノイド ----- (b) β-クリプトキサンチン ------ (c) α-カロテン
 4 . 
(a) カロテノイド ----- (b) α-カロテン -------------- (c) β-カロテン
 5 . 
(a) フラボノイド ----- (b) β-カロテン -------------- (c) β-クリプトキサンチン

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
0
評価しない
正解は 2 です。

食べ物と健康/食品の機能からの出題です。

日本食品標準成分表にはビタミンAの欄に、ビタミンA効力を示すレチノール、α-カロテン、β-カロテン、β-クリプロキサンチンの値が示されています。このうちα-カロテンとβ-クリプトキサンチンはβ-カロテンの1/2の効力しかありません。

これらはカロテン類に属します。カロテン類とキサントフィル類をあわせて、カロテノイドと言います。
評価後のアイコン
2016/09/03 12:51
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:2

a.体内に吸収されてビタミンAとして効力を示すものにはα-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチンがあります。カロテノイドとはそれらの色素の総称です。フラボノイドとは植物に含まれる色素で苦みや辛み成分でポリフェノールの一つです。

b.ビタミンとしての効力が最も大きいものはβ-カロテンです。

c.半分の効力を示すものにはα-カロテンとβ-クリプとキサンチンがあります。
β-カロテン等量(μg)=β-カロテン(μg)+1/2α-カロテン(μg)+1/2β-クリプとキサンチン(μg)で表されます。

よって
a.カロテノイド
b.β-カロテン
c.α-カロテン となります。
評価後のアイコン
2016/04/04 19:43
ID : opbapyocf
評価する
0
評価しない
正解は 2 です。

a:
体内でビタミンA効力をもつものは、α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンなどのカロテノイドです。
フラボノイドは色素でビタミンAではありません。

b:
ビタミンとして効力が最も大きいのは、β-カロテンです。

c:
α-カロテン、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンはβ-カロテンの半分の効力を示します。

以上のことから、
aには、カロテノイド
bには、β-カロテン
cには、α-カロテン、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンのいずれかが入ります。
評価後のアイコン
2015/07/03 13:45
ID : qbdskssuxd
評価する
0
評価しない
β-クリプトキサンチンはビタミンA(レチノール)に変換されるため、プロビタミンAと見なされます。
また、それぞれの関係は、
β-カロテン当量(μg)=β-カロテン(μg)+1/2α-カロテン(μg)+1/2クリプトキサンチン(μg)
の式で表されます。
フラボノイドは色素であり、ビタミンではありません。
評価後のアイコン
2015/06/16 15:05
ID : ufmgroyhr
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。