過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食品の加工とそれに関与する酵素の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
チーズの製造 ----------- α-アミラーゼ
 2 . 
転化糖の製造 ----------- インベルターゼ
 3 . 
果糖の製造 ------------- β-グルカナーゼ
 4 . 
肉の軟化カ -------------- カタラーゼ
 5 . 
混濁果汁の清澄化 ------- レンニン
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

食べ物と健康/食品の生産・加工・保存・流通と栄養からの出題です。

1.チーズの製造にはレンニンが使われます。

2.正しい組み合わせです。

3.果糖の製造にはイヌリナーゼが使われます。

4.肉の軟化はプロテアーゼによって進みます。

5.混濁果汁はペクチナーゼの働きで清澄化します。

2016/09/05 09:28
ID : oovsedpp
0

正解:2

転化糖にはインベルターゼが使われます。

1.チーズの製造にはレンニン(キモシン)などが使われます。α−アミラーゼはでんぷんを加水分解するときなどに使われます。

3.果糖の製造は製造はイヌリナーゼやグルコースイソメラーゼなどが使われます。β−グルカナーゼはβ-グルカンを分解する酵素で、酵母エキス精製などに使われます。

4.肉の軟化にはタンパク質分解酵素であるプロテアーゼが使われます。例えばパイナップルのブロメラインや、パパイヤのパパインなどです。カタラーゼは過酸化水素水の分解に使われる酵素です。

5.混濁果汁の清澄化にはペクチンを分解する酵素、ペクチナーゼ(ガラクチュロナーゼ)が使われます。レンニンはチーズの製造に使われます。

2016/04/08 15:15
ID : opbapyocf
0

正解は 2 です。

1.チーズの製造にはレンニン等を使用します。
α-アミラーゼはでんぷんを分解する酵素です。

3.果糖の製造にはイヌリナーゼ等が使用されます。
β-グルカナーゼはβ-グルカンを分解する酵素です。

4.肉の軟化にはプロテアーゼが使用されます。
カタラーゼは過酸化水素を分解する酵素です。

5.混濁果汁の清澄化にはペクチナーゼが使用されます。
レンニンはチーズの製造等に使用される酵素です。

2015/07/07 14:59
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。