過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第26回 一覧  >   基礎栄養学 問題15470
問題

管理栄養士 過去問
基礎栄養学 問題15470

遺伝形質と生活習慣病の発症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
2型糖尿病の発症には、遺伝素因は関わらない。
 2 . 
遺伝子の一塩基多型(SNP)は、出生後の食生活の影響によって生じる。
 3 . 
ヒト遺伝子の塩基配列には、個人差はない。
 4 . 
倹約(節約)遺伝子は、効率よくエネルギーを消費させる仮説の遺伝子である。
 5 . 
肥満の遺伝形質をもつ人でも、肥満の予防は可能である。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

正解は 5 です。

基礎栄養学/栄養の概念からの出題です。

1.2型糖尿病は生活習慣病ではありますが、遺伝素因も影響します。

2.一塩基多型は各個人によって異なる塩基配列部位のことで、出生後の食生活の影響によって生じるものではありません。

3.遺伝子の塩基配列の違いによって個人差が生じます。

4.倹約遺伝子とは、飢餓時などに備えて効率的に栄養を蓄積しようとする遺伝子ですので、エネルギー消費を節約させます。

5.正しい記載です。

2016/09/06 16:20
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
1

正解:5

1.2型糖尿病は遺伝や環境の要因が関係しています。

2.遺伝子の一塩基多型(SNP)とは、先天的に塩基配列が一カ所だけ変異していることを言うので、出生後の食生活は関係ありません。

3.ヒト遺伝子の塩基配列は個人差があります。

4.倹約(節約)遺伝子とは、エネルギーを効率よく使うことで余分なエネルギーを他の栄養素などに変えて貯蔵しておく遺伝子のことです。

2016/04/13 17:33
ID : opbapyocf
1

正解は 5 です。

肥満の遺伝形質をもつ人でも、生活習慣で肥満の予防をすることは可能です。

1.2型糖尿病の発症には、遺伝素因と環境要因の両方が関わります。

2.遺伝子の一塩基多型(SNP)は、出生後の食生活の影響によって生じません。
一塩基多型(SNP)とは、1つの塩基が他の塩基に置き換わっているもので、生まれる前にはすでに決まっています。

3.ヒト遺伝子の塩基配列には、個人差はあります。

4.倹約(節約)遺伝子は、エネルギー消費を節約し、エネルギーを体内に蓄積させる仮説の遺伝子です。

2015/07/07 17:03
ID : qbdskssuxd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。