過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖質の体内代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
肝臓のグルコース利用は、血糖値の影響を受けない。
 2 . 
グリコーゲンの貯蔵総量は、筋肉より肝臓に多い。
 3 . 
筋肉は、糖新生を行う。
 4 . 
脂肪組織には、ペントースリン酸回路は存在しない。
 5 . 
赤血球では、グルコースから乳酸が生成する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は5です。

赤血球はミトコンドリアを持たないので、グルコースから解糖系によって生じたピルビン酸はクエン酸回路に入ることができず、乳酸に代謝されます。

1.肝臓のグルコース利用は、血糖値の影響を受けます。

2.グリコーゲンの貯蔵総量は、肝臓より筋肉に多くなります。

3.筋肉には、グルコース6-ホスファターゼがないので糖新生を行うことができません。
糖新生を行うことのできるのは、主に肝臓と腎臓です。

4.ペントースリン酸回路は肝臓や乳腺、脂肪細胞、性腺等で、解糖系の側路として存在しています。

2015/07/08 13:51
ID : qbdskssuxd
0

正解は 5 です。

基礎栄養学/炭水化物の栄養からの出題です。

1.血糖値によって貯蔵しているグリコーゲンを異化するかが決まるので、血糖値の影響を受けます。

2.グリコーゲンの貯蔵総量は筋肉の方が多くなります。

3.糖新生を行うことができるのは肝臓と腎臓で、筋肉では行いません。

4.脂肪組織にもペントースリン酸回路は存在します。脂肪組織では五炭糖を作り出す割合が高くなります。

2016/09/07 15:25
ID : oovsedpp
0

正解:5

赤血球にはミトコンドリアが存在しないためエネルギーを作るためには解糖系の経路でピルビン酸を乳酸に変えて血中に放出しています。

1.肝臓のグルコース利用は、血糖値の影響を受けます。

2.肝臓のグリコーゲンは60g程度、筋肉や骨格筋には120g〜130g程度貯蔵されているので筋肉の方が多く貯蔵されています。

3.筋肉には、グルコース-6-ホスファターゼがないため、糖新生をすることができません。糖新生は主に肝臓や腎臓で行われます。

4.ペントースリン酸回路は脂肪酸やコレステロールの合成などを行う経路なので脂肪組織にも存在します。

2016/04/14 20:02
ID : opbapyocf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。