過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

脂質の体内代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
ケトン体は、肝臓でエネルギー源として利用される。
 2 . 
コレステロールは、エネルギー源として利用される。
 3 . 
血中の遊離脂肪酸は、アルブミンに結合して運搬される。
 4 . 
インスリンは、ホルモン感受性リパーゼの働きを促進する。
 5 . 
LDLは、トリアシルグリセロールを含有していない。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
2

正解は 3 です。

基礎栄養学/脂質の栄養からの出題です。

1.肝臓にはケトン体を処理する酵素が存在しないので、エネルギー源として利用できません。

2.コレステロールはエネルギー源としてではなく細胞膜の構成成分などとして働きます。

3.正しい記載です。血中脂質はリポたんぱく質として運搬されます。

4.インスリンはホルモン感受性リパーゼの働きを抑制します。

5.LDLもはトリアシルグリセロールが10%ほど含有されています。

2016/09/07 15:31
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
2

正解は 3 です。

血中の遊離脂肪酸は、80~90%がアルブミンと結合して運搬されます。

1.肝臓にはケトン体を代謝する酵素がないので、ケトン体をエネルギー源として利用することはできません。

2.コレステロールは、エネルギー源にはなりません。
コレステロールは細胞膜の構成成分や胆汁酸、ステロイドホルモン、プロビタミンD3の前駆体として利用されます。

4.インスリンは、ホルモン感受性リパーゼの働きを抑制します。
ホルモン感受性リパーゼの働きを促進するのは、グルカゴンやアドレナリン、ノルアドレナリン等です。

5.LDLは、コレステロールが約50%、リン脂質が約20%、たんぱく質が約20%、トリアシルグリセロールを約10%含有しています。

2015/07/08 14:25
ID : qbdskssuxd
1

正解:3

血中の遊離脂肪酸は70〜87%がアルブミンと結合されて運ばれます。

1.ケトン体は肝臓のβ-酸化で生成されますが、代謝酵素はないためそのまま血中に放出されその他の組織でエネルギーとして利用されます。

2.コレステロールはエネルギー源ではなく、脂肪酸やステロイドホルモンの材料、細胞膜の構成成分などに使われます。

4.インスリンはホルモン感受性リパーゼの働きを抑制します。ホルモン感受性リパーゼの働きを促進するホルモンは、成長ホルモンや甲状腺ホルモン、グルカゴン、アドレナリンなどがあります。

5.LDLの構成成分はコレステロールが約45%(遊離コレステロール8%、コレステロールエステル37%)、リン脂質が20〜30%、トリアシルグリセロールが5〜10%です。トリアシルグリセロールを多く含むのはカイロミクロンやVLDLですが、LDLにも含まれています。

2016/04/14 21:28
ID : opbapyocf
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。