過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食後の代謝変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
筋肉では、グルコースの取り込みは減少する。
 2 . 
脳では、ケトン体の利用は増加する。
 3 . 
脂肪組織では、脂肪酸の取り込みは減少する。
 4 . 
肝臓では、脂肪酸合成は増加する。
 5 . 
肝臓では、ケトン体合成は増加する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 4 です。

食後、肝臓ではグルコースがエネルギー生産やグリコーゲン、脂肪酸の合成に利用されます。

1.食後、筋肉では、インスリンの代謝によりグルコースの取り込みは促進されます。

2.脳では、ケトン体の利用が増加するのは空腹時です。
食後は、脳でのケトン体の利用が減少します。

3.脂肪組織では、リポたんぱくリパーゼが脂肪酸の取り込みを促進します。

5.肝臓で、ケトン体合成が増加するのは空腹時です。
食後は、肝臓でのケトン体合成が減少します。

2015/07/09 15:19
ID : qbdskssuxd
0

正解は 4 です。

基礎栄養学/脂質の栄養からの出題です。

1.食後はインスリンの分泌によって、筋肉でのグリコーゲンの取り込みが増加します。

2.脳でケトン体が利用されるのは空腹時です。

3.脂肪酸取り込みを促進する酵素はインスリンによって働きが活発になるので、脂肪酸の取り込みが増加します。

4.正しい記載です。肝臓に取り込まれたグルコースは脂肪酸合成にも利用されるので、脂肪酸合成は増加します。

5.肝臓でのケトン体合成が増加するのは空腹時です。

2016/09/12 10:01
ID : oovsedpp
0

正解:4

食後食後取り入れた余分なグルコースは肝臓で脂肪酸として合成され蓄えられています。

1.筋肉では、食後、インスリンなどの作用によりグルコースの取り込みが増加します。

2.脳ではケトン体の利用が増加するのは飢餓時にエネルギーに変換してケトン体を利用するので食後は減少します。

3.食後、余分な脂肪酸は脂肪組織に取り込まれて貯蔵されています。

5.ケトン体の合成は、糖質が十分でない場合に脂質をエネルギー源に変換するときなので、食後など十分な場合は増加しません。

2016/04/19 15:06
ID : opbapyocf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。