過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

ミネラル(無機質)の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
リンは、核酸の構成成分である。
 2 . 
亜鉛の吸収は、フィチン酸で促進される。
 3 . 
血中カルシウム値が上昇すると、カルシトニン分泌は低下する。
 4 . 
マグネシウムの体内貯蔵量は、血清フェリチン値に反映される。
 5 . 
ヨウ素は、副甲状腺ホルモン(PTH)の構成成分である。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

正解:1

核酸とは塩基とはリン酸、塩基、糖からなるヌクレオチドがリン酸ジエステル結合したものです。

2.亜鉛の吸収はフィチン酸により阻害されます。フィチン酸は米ぬかやごま、小麦などに多く含まれます。

3.血中カルシウム値が上昇するとカルシトニン分泌も上昇します。カルシトニンは骨形成に関係しているホルモンです。血中のカルシウム値が上昇するとカルシトニンが働きかけ、カルシウムの濃度を下げて骨のカルシウム量を調整しています。カルシトニンと逆の働きをするものにパラトルモンがあります。パラトルモンは血中のカルシウム濃度を増加させます。

4.血清フェリチン値は鉄の体内貯蔵量と関係します。鉄が減ると血清フェリチン値は低下します。

5.ヨウ素は甲状腺ホルモンの構成成分です。トリヨードサイロニンやサイロキシンがあります。

2016/04/19 16:17
ID : opbapyocf
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は 1 です。

基礎栄養学/ミネラル(無機質)の栄養からの出題です。

1.正しい記載です。核酸を構成するヌクレオチドは五炭糖・リン酸・塩基から成り立っています。

2.フィチン酸には亜鉛などのミネラルの吸収を阻害する働きがあります。

3.カルシトニンは骨吸収の抑制と骨形成の促進に働くので、血中カルシウム値が上昇するとカルシトニン分泌は増加します。

4.血清フェリチン値に反映されるのは鉄の体内貯蔵量です。

5.ヨウ素は甲状腺ホルモンの構成成分です。

2016/09/12 10:18
ID : oovsedpp
0

正解は 1 です。

核酸はヌクレオチドからなり、ヌクレオチドは五炭糖と塩基、リン酸から構成されます。

2.亜鉛の吸収は、フィチン酸で阻害されます。

3.血中カルシウム値が上昇すると、カルシトニン分泌は亢進します。
カルシトニンは、骨吸収を抑制し骨形成を促進します。

4.血清フェリチン値は鉄の体内貯蔵量を反映します。

5.ヨウ素は、甲状腺ホルモンの構成成分です。
体内のヨウ素の約80%は甲状線に存在しています。

2015/07/10 14:59
ID : qbdskssuxd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。