過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

成長、発達、加齢に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
唾液分泌量は、高齢者では増加する。
 2 . 
血清IgA濃度は、生後上昇する。
 3 . 
小腸のラクターゼ活性は、離乳完了後に上昇する。
 4 . 
1~2歳の基礎代謝基準値は、3~5歳より低い。
 5 . 
胸腺重量は、成人期に最大となる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

応用栄養学/成長、発達、加齢からの出題です。

1.高齢者になっていくにつれ唾液分泌量は低下し、消化能力が衰えます。

2.正しい記載です。初乳中にIgAは多く含まれています。

3.小腸のラクターゼ活性は、離乳完了後に低下します。

4.基礎代謝基準値は年齢とともに減少します。3~5歳よりも1~2歳の方が高くなります。

5.胸腺重量が最大となるのは思春期です。

2016/09/12 11:14
ID : oovsedpp
0

正解は 2 です。

IgAは胎盤通過性がなく、初乳中に多く含まれているので、血清IgA濃度は、生後上昇します。

1.唾液分泌量は、高齢者では増加減少します。

3.小腸のラクターゼ活性は、乳汁摂取が減少により低下するので、小腸のラクターゼ活性は、離乳完了後は低下します。

4.1~2歳の基礎代謝基準値は、3~5歳より高くなります。
基礎代謝基準値は、年齢が上がると減少します。

5.胸腺重量は、思春期に最大となります。

2015/07/13 14:37
ID : qbdskssuxd
-1

正解:2

血清IgAは母乳に多く含まれています。そのため生後、乳児は母乳を飲んで育っていくので濃度は上昇します。

1.唾液分泌量は咀嚼が困難になっていく高齢者では減少していきます。また、唾液が少なくなることで口の中が乾燥しやすくなります。

3.母乳や牛乳には乳糖が含まれています。その乳糖はラクターゼにより分解されます。そのため、お乳を飲んでいる赤ちゃんは小腸のラクターゼ活性は上昇していますが、離乳後は摂取量が減るためラクターゼの活性も減少します。

4.1〜2歳の基礎代謝基準値は、3〜5歳より高いです。基礎代謝基準値は性別に関係なく加齢に伴い減少していきます。

5.胸腺重量は、思春期に最大となり、思春期以降は減少していきます。

2016/04/20 15:33
ID : opbapyocf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。