過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

妊娠期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
妊娠高血圧症候群の予防には、食塩摂取量として12 g/日以下が勧められる。
 2 . 
非妊娠時に比べて、インスリン抵抗性は低下する。
 3 . 
妊娠時に最も多くみられる貧血は、巨赤芽球性貧血である。
 4 . 
ビタミンB12欠乏により、ウェルニッケ・コルサコフ症候群が起こる。
 5 . 
妊娠糖尿病は、将来糖尿病を発症するリスクが高い。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

応用栄養学/妊娠期、授乳期からの出題です。

1.妊娠高血圧症候群の予防として勧められる食塩摂取量は10g/日以下です。

2.妊娠中期以降では非妊娠期に比べてインスリン抵抗性が上昇します。

3.妊娠期には鉄欠乏性貧血が最も多くみられます。

4.ウェルニッケ・コルサコフ症候群はビタミンB1の欠乏によって起こります。

5.正しい記載です。

2016/09/12 11:18
ID : oovsedpp
0

正解:5

妊娠糖尿病は、将来糖尿病を発症するリスクが高くなります。

1.妊娠高血圧症候群の予防には、食塩摂取量として10g/日以下がすすめられています。高血圧症候群と診断された場合には極端な塩分制限はすすめられませんが、7〜8g/日に制限されています。

2.妊娠中は非妊娠時に比べて血糖値が高くなりやすいです。そのため、インスリン抵抗性も高くなります。

3.妊娠時に最も多くみられる貧血は、鉄欠乏性貧血です。妊娠すると鉄分は優先的に胎児に運ばれるので、鉄の摂取が少ないと貧血になりやすくなります。
また妊婦・授乳婦には鉄分の付加量が設定されており初期と授乳婦は+2.5mg、中期・後期は+15.0mgです。巨赤芽球性貧血はビタミンB12や葉酸の欠乏で起こることがあります。

4.ウェルニッケ・コルサコフ症候群はビタミンB1欠乏により起こります。ビタミンB12欠乏は巨赤芽球性貧血(悪性貧血)が考えられます。

2016/04/20 16:17
ID : opbapyocf
0

正解は 5 です。

1.妊娠高血圧症候群の予防には、食塩摂取量として10g/日以下が勧められています。
妊娠高血圧症候群と診断された場合は、食塩摂取量を7~8g/日となります。

2.非妊娠時に比べて、インスリン抵抗性は上昇し、妊娠中は血糖値が上昇しやすくなります。

3.妊娠時に最も多くみられる貧血は、鉄欠乏性貧血です。

4.妊娠中の悪阻等により、ビタミンB1が欠乏しやすくなりウェルニッケ・コルサコフ症候群が起こります。

2015/07/13 14:52
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。