管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15491問 出題

問題

母乳に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
オキシトシンは、射乳を起こす。
 2 . 
WHO/UNICEF(1989年)では、分娩後60分以降に母乳を与えることを勧めている。
 3 . 
エネルギー量は、成熟乳より初乳が多い。
 4 . 
分泌型IgAは、初乳より成熟乳に多く含まれている。
 5 . 
吸啜刺激は、プロラクチンの分泌を抑制する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解:1

オキシトシンは下垂体後葉から分泌されるホルモンで、分娩時の子宮収縮や、乳汁分泌を促すなどの働きがあります。

2.WHO/UNICEF(1989年)では、分娩後30分以内に母乳を与えることを勧めています。WHO/UNICEF共同声明「母乳育児を成功させるための10カ条」の一つです。

3.エネルギー量は初乳より、成熟乳の方が多くなります。

4.分泌型IgAは、成熟乳より、初乳の方が多く含まれています。

5.プロラクチンとは脳の下垂体前葉から分泌されるホルモンです。乳腺の分化・発達や、乳汁の合成・分泌に作用するので、吸啜刺激によりプロラクチンの分泌を促進します。
評価後のアイコン
2016/04/20 17:00
ID : opbapyocf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

オキシトシンは、射乳と陣痛時の子宮の収縮等を起こします。

2.WHO/UNICEF(1989年)では、分娩後30分以内に母乳を与えることを勧めています。

3.エネルギー量は、初乳より成熟乳が多くなります。

4.分泌型IgAは、成熟乳より初乳に多く含まれています。

5.吸啜刺激は、プロラクチンの分泌を促進します。
プロラクチンは乳汁の生成と分泌等の作用があります。
評価後のアイコン
2015/07/13 15:56
ID : qbdskssuxd
評価する
0
評価しない
正解は 1 です。

応用栄養学/妊娠期、授乳期からの出題です。

1.正しい記載です。オキシトシンは脳下垂体後葉ホルモンで、乳汁分泌促進などの作用があります。

2.母乳は分娩後30分以内に与えることが勧められています。

3.エネルギー量は成熟乳の方が高いです。成熟乳は産褥2週間以降の母乳を指します。エネルギーが高く、脂肪、乳糖が多いという特徴があります。

4.分泌型IgAは初乳の方が多く含んでいます。免疫機能の未熟な児を守る働きがあります。

5.吸啜刺激はプロラクチンの分泌を促進します。プロラクチンは脳下垂体前葉から分泌されるホルモンです。
評価後のアイコン
2016/09/14 15:25
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。