過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

幼児期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
体重当たりのエネルギー必要量は、成人より少ない。
 2 . 
カウプ指数による発育状況判定では、男女差を考慮する。
 3 . 
原発性(単純性)肥満より、二次性(症候性)肥満が多い。
 4 . 
体水分に占める細胞外液量の割合は、成人より高い。
 5 . 
総エネルギー摂取量の30~40%を間食から摂取する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 4 です。

応用栄養学/成長期(幼児期、学童期、思春期)からの出題です。

1.体重当たりのエネルギー必要量は成人より多くなります。

2.カウプ指数では判定基準に男女差はありません。

3.二次性(症候性)肥満は何かしらの原因疾患があって肥満となるもので、原発性(単純性)肥満よりも多く見られます。

4.正しい記載です。成人で20%程度、小児は20~30%程度になると言われています。

5.間食は総エネルギー摂取量の10~20%を目安とします。

2016/09/14 15:32
ID : oovsedpp
0

正解:4

幼児の体水分に占める細胞外液量の割合は、成人より高くなります。人間の水分量は大人で体重の60%、新生児で80%、乳児で70%と言われています。

1.幼児期の体重当たりのエネルギー必要量は成人より多くなります。

2.カウプ指数による発育状況判定は年齢を考慮します。

3.幼児期では二次性(症候性)肥満より、原発性(単純性)肥満が多くみられます。
原発性(単純性)肥満とは生活習慣の乱れ等による肥満です。二次性(症候性)肥満とは遺伝や病気、薬の副作用など原因の明らかな肥満です。

5.幼児期の間食は総エネルギー摂取量の10〜20%を摂取するとされています。1〜2歳児で10〜15%、3〜5歳児は10〜20%です。

2016/04/20 17:20
ID : opbapyocf
0

正解は 4 です。


体水分に占める細胞外液量の割合は、成人では約60%、幼児は約70%で、幼児の方が高くなります。

1.体重当たりのエネルギー必要量は、成人より多くなります。

2.カウプ指数による発育状況判定では、男女差ではなく、年齢を考慮します。

3.原因疾患のある二次性(症候性)肥満より、摂取エネルギーや生活習慣による原発性(単純性)肥満の方が多くなります。

5.間食の摂取は総エネルギー摂取量の10~20%が目安です。

2015/07/13 16:11
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。