過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

更年期の女性に起こる変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
プロゲステロンの分泌量は、増加する。
 2 . 
血清LDL-コレステロール値は、低下する。
 3 . 
骨密度は、増加する。
 4 . 
エストロゲンの分泌量は、増加する。
 5 . 
卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌量は、増加する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

応用栄養学/成人期からの出題です。

1.閉経による卵胞の減少でプロゲステロン分泌量は減少します。

2.エストロゲン分泌減少によって血清LDL-コレステロール値は上昇します。

3.骨密度は減少します。エストロゲン分泌減少による影響です。

4.エストロゲンは卵胞減少によって分泌量が減少します。

5.正しい記載です。刺激ホルモンの分泌は盛んであるのに、卵胞が減少することでホルモンバランスが崩れるのが、種々の更年期症状を引き起こします。

2016/09/14 15:41
ID : oovsedpp
0

正解:5

卵胞刺激ホルモンとは卵胞の成長を刺激して成熟させる作用があります。更年期の女性では、分泌量は増加します。


1.プロゲステロンとは黄体ホルモンとも呼ばれており、生理周期後半の排卵後に増加し、黄体の形成などを行います。そのため、月経の終わりを迎える更年期の女性はプロゲステロンの分泌量は減少すると言えます。

2.女性ホルモンのエストロゲンはLDL-コレステロールを減らし、HDL-コレステロールを増やす働きがあります。しかし、年齢とともに、エストロゲンの分泌は少なくなっていくので、更年期の女性は血清LDL-コレステロール値は上昇すると言えます。

3.エストロゲンは骨形成を進め骨吸収を抑制します。エストロゲンが減っていく更年期の女性は骨密度は低下すると言えます。特に女性は、骨粗鬆症のリスクが高まります。骨がスポンジ様になり骨の中がスカスカになります。そのため転倒や少しの衝撃でも骨折しやすくなります。

4.年齢とともにエストロゲンの分泌量は低下していきます。

2016/04/20 17:50
ID : opbapyocf
0

正解は 5 です。

更年期では、エストロゲンの分泌量の低下により、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌量は、増加します。

1.プロゲステロンの分泌量は、低下します。

2.エストロゲンの分泌量の低下により、血清LDL-コレステロール値は、上昇します。

3.エストロゲンの分泌量の低下により、骨吸収が促進し、骨密度は低下します。

4.エストロゲンの分泌量は、低下します。

2015/07/13 16:25
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。