管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15498問 出題

問題

ストレス応答の抵抗期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
エネルギー必要量は、増大する。
 2 . 
血清ビタミンC値は、上昇する。
 3 . 
血中遊離脂肪酸値は、低下する。
 4 . 
副交感神経の活動は、亢進する。
 5 . 
尿中窒素排泄量は、減少する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
正解は 1 です。

ストレス応答の抵抗期は、ストレスに対して適応しようと活動量などを高めてバランスをとり、一定の緊張を保ち安定している状態です。

2.血清ビタミンC値は、低下します。

3.アドレナリン・ノルアドレナリンの分泌が増加することにより、脂肪組織のトリアシルグリセロールの分解が促進されます。それにより生じた遊離脂肪酸は血液中に放出されるので、血中遊離脂肪酸値は上昇します。

4.副交感神経の活動は抑制され、交感神経の活動が亢進します。

5.ストレスによりたんぱく質の異化が亢進するので、尿中窒素排泄量は増加します。
評価後のアイコン
2015/08/31 14:15
ID : qbdskssuxd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
2.血清ビタミンC値は、低下いします。

3.血中遊離脂肪酸値は、上昇します。

4.交感神経の活動は、亢進します。

5.尿中窒素排泄量は、増加します
評価後のアイコン
2015/07/09 14:37
ID : eeckczncj
評価する
0
評価しない
正解は 1 です。

応用栄養学/環境と栄養からの出題です。

1.正しい記載です。ストレス応答の抵抗期は、生体の抵抗力が増して適応を獲得した時期ですので、抵抗力が高く、エネルギー必要量は増大します。

2.ビタミンCの需要が増えるので、血清ビタミンC値は低下します。

3.カテコールアミンの分泌が増加し、脂肪組織でトリアシルグリセロールの分解が進むため、血中遊離脂肪酸値が上昇します。

4.交感神経の興奮が見られるので、副交感神経の活動は抑制します。

5.たんぱく質の異化が進むので、尿中窒素排泄量が増加します。
評価後のアイコン
2016/10/01 12:32
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。