過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に基づき、減量を目的とした栄養教育を行った。前熟考期(無関心期)の人を対象とした支援に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
家では野菜料理を中心とした食事にしてもらうよう、助言した。
 2 . 
肥満から生活習慣病になった人が周囲にいないか、たずねた。
 3 . 
上司から酒を勧められたときの断り方を練習させた。
 4 . 
昼食に小さめの弁当を持って行くことを提案した。
 5 . 
目標体重が達成できたときのごほうびを考えてあげた。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

栄養指導論/栄養教育のための理論的基礎からの出題です。

トランスセオレティカルモデルとは、人の行動が変化する過程に段階があることを示すモデルのことで、前熟考期では6カ月以内に行動変容に向けた行動を起こす意思はありません。
この時期はもともと関心がないため、行動変容の必要性を自覚させることが必要です。

選択肢2 は、自分の健康が周りにも関係していることを気づかせる環境への再評価にあたり、次のステップに進むための働きかけとして適しているといえます。

2016/10/01 12:48
ID : oovsedpp
0

正解は 2 です。

トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)の前熟考期(無関心期)は変容の段階の初期で、今後6ヵ月以内に行動を変えようと思っていない状態です。

1.家では野菜料理を中心とした食事にしてもらうように助言するのは、実行可能な行動目標なので、準備期から実行期で行う支援です。

3.上司から酒を勧められたときの断り方を練習させるのは、社会技術訓練(ソーシャルスキルトレーニング)で、実行期に行う支援です。

4.昼食に小さめの弁当を持って行くことを提案は、実行可能な行動目標の提案なので、準備期または実行期で行う支援です。

5.目標体重が達成できたときのごほうびを考えてあげるのは、強化のマネジメントなので、実行期に行う支援です。

2015/09/07 13:44
ID : qbdskssuxd
0

1.家では野菜料理を中心とした食事にしてもらうよう、助言するのは実行期に行います。

3.上司から酒を勧められたときの断り方を練習させるのは、実行期に行います。

4.昼食に小さめの弁当を持っていくことを提案するのは、実行期に行います。

5.目標体重が達成できたときのごほうびを考えるのは、実行期に行います。

2015/07/09 15:24
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。