過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第26回 一覧  >   栄養教育論 問題15505
問題

管理栄養士 過去問
栄養教育論 問題15505

小集団を対象とした栄養教育における、グループダイナミクスを活用した学習活動に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
参加者が1人ずつ、食事診断結果について説明を受ける。
 2 . 
参加者全員で、外部講師の講演を聞く。
 3 . 
参加者同士で、食事診断結果からわかった課題の解決方法を話し合う。
 4 . 
参加者が指導者とペアになって、間食を勧められたときの断り方を練習する。
 5 . 
参加者全員が、食事記録をつけて自分の課題を考える。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

正解は 3 です。

栄養教育論/栄養教育のための理論的基礎からの出題です。

グループダイナミクスとは、個人ではなく集団で行動するときに、相互関係から生まれる力のことをいいます。同じ境遇の仲間意識から独自の力が生じます。
選択肢1、2、4、5では各自の検討や行動であるためグループダイナミクスの活用にはなりません。
選択肢3 は、参加者同士の相互作用が期待できるため、正答選択肢であるとわかります。

2016/10/01 13:09
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は 3 です。

グループダイナミクスは集団内等で影響を及ぼすことで起こる相互作用のことです。相互作用により意欲や新たなアイデアが生まれたりします。

1.参加者が1人ずつ、食事診断結果について説明を受けるは、個々での活動です。

2.参加者全員で、外部講師の講演を聞くは、参加者が相互に影響を及ぼしません。

4.参加者が指導者とペアになって、間食を勧められたときの断り方を練習するは、個々での活動です。

5.参加者全員が、食事記録をつけて自分の課題を考えるは、個々での活動です。

2015/09/07 15:38
ID : qbdskssuxd
0

1.参加者同士で、食事診断結果を説明し合う。

2.参加者全員で、外部講師の講演を聞き討論し合う。

4.参加者同士で、間食を勧められたときの断り方を練習します。

5.参加者同士で、お互いの食事記録の問題点を考える。

2015/07/09 16:09
ID : eeckczncj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。