過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

栄養教育における経済的評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
費用効用分析では、教育効果を医療費の削減額から評価する。
 2 . 
費用効用分析では、一定量の効果を得るために要した費用を算出する。
 3 . 
費用効果分析では、教育効果を金額に換算して評価を行う。
 4 . 
費用効果分析では、異なるプログラムを比較分析できる。
 5 . 
費用便益分析では、教育効果を生活の質に置き換えて評価を行う。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 4 です。

費用効果分析は、1単位の効果当たりに必要な費用を比較し評価する分析方法です。
費用便益分析は、1単位の便益当たりに必要な費用を評価する分析方法です。
費用効用分析は、1単位の効用当たりに必要な費用を評価する分析方法です。

1.教育効果を医療費の削減額から評価するのは、費用便益分析です。

2.一定量の効果を得るために要した費用を算出するのは、費用効果分析です。

3.教育効果を金額に換算して評価を行うのは、費用便益分析です。

5.教育効果を生活の質に置き換えて評価を行うのは、費用効用分析です。

2015/09/15 13:24
ID : qbdskssuxd
0

正解は 4 です。

栄養教育論/栄養教育マネジメントからの出題です。

経済的評価では、費用効果分析と費用便益分析が評価のポイントになります。
費用効果分析は、複数の栄養教育プログラムについて、ある一定の効果を得るために必要な費用がそれぞれの方法でどの程度異なるかを算出して、比較する方法です。
費用便益分析は、プログラムを実施したことで得られた効果を、すべて金銭的価値に換算して、実際にかかった費用と比較して評価する方法です。

1.費用便益分析です。

2.費用効果分析です。

3.費用便益分析です。

4.正しい記載です。

5.費用便益分析です。

2016/10/09 10:47
ID : oovsedpp
0

1.費用効用分析では、栄養教育効果を生存率の増加から評価します。

2.費用効用分析では、一定量の効用を得るために必要な費用を算出します。

3.教育効果を金額に換算して評価を行うのは費用便益分析です。

5.教育効果を生活の質に置き換えて評価を行うのは、費用効用分析です。

2015/07/09 19:52
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。