過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

肥満に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
原発性(単純性)肥満では、血漿レプチン値が低下する。
 2 . 
学童期の高度肥満は、肥満度が20%以上と定義される。
 3 . 
二次性(症候性)肥満は、生活習慣病である。
 4 . 
肥満では、インスリン感受性が高まる。
 5 . 
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪蓄積型肥満を呈する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1.原発性肥満者では、血漿レプチン値は高いにも関わらず、レプチンが作用しにくい状態となっています。

2.学童期の高度肥満は、肥満度が50%以上と定義づけられています。

3.二次性肥満は、特定の疾患によって二次的に生じる肥満です。

4.肥満ではインスリンの感受性が低下します。

5.正しい記載です。メタボリックシンドロームは内臓脂肪蓄積型肥満であることを前提条件として、血圧や血糖値、血中脂質の状態を判定していきます。

2016/10/09 10:52
ID : oovsedpp
0

正解は 5 です。

1.原発性(単純性)肥満では、血漿レプチン値が上昇します。
レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンです。

2.学童期の高度肥満は、肥満度が50%以上と定義されています。

3.二次性(症候性)肥満は、内分泌疾患や遺伝性疾患、薬の副作用などが原因です。
生活習慣病が原因の肥満は原発性肥満です。

4.肥満では、インスリン感受性は低下し、インスリン抵抗性が高まります。

2015/09/24 12:35
ID : qbdskssuxd
0

1.原発性肥満では、血漿レプチン値が上昇します。

2.学童期の高度肥満は、肥満度50%以上と定義されています。

3.二次性肥満は、器質性疾患が存在します。

4.肥満では、インスリン抵抗性が高まります。

2015/07/09 22:19
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。