過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

50歳、男性、身長165 cm、体重70 kg。C型肝硬変と診断された。両下肢の浮腫、腹水、黄疸を認める。血中ヘモグロビン9.6 g/dL、血清アルブミン値2.9 g/dL、血中アンモニア値188 g/dL。食事療法の方針に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
飲水量は、300 mL/日以下とする。
 2 . 
鉄摂取量は、20 mg/日とする。
 3 . 
たんぱく質摂取量は、90 g/日とする。
 4 . 
食塩摂取量は、6g/日とする。
 5 . 
脂肪エネルギー比率は、35%とする。
この問題の解説(4件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 4 です。

血中ヘモグロビン9.6g/dLは、基準値より低値です。
血清アルブミン値2.9g/dLは、基準値より低値です。
血中アンモニア値188g/dLは、基準値より高値です。
標準体重は、約60kgです。

浮腫があるので塩分制限6g/日が必要です。

1.飲水量は、300mL/日以下は少なすぎます。

2.C型肝硬変では鉄分の吸収が促進するので、鉄の摂取には制限が必要です。20mg/日は多すぎます。

3.血中アンモニア値が高値なので低たんぱく食(40g/日以下)とします。

5.脂肪エネルギー比率は、20~25%とします。

2015/09/26 17:20
ID : qbdskssuxd
1

1.腹水がみられても厳しい水分制限は行われません。

2.鉄の摂取量は、食事摂取基準の7.5mg/日程度となっています。

3.たんぱく質摂取量は、血中アンモニア値が高値のため制限します。(0.5~0.8g/kg標準体重/日)とします。

5.脂肪摂取量は、脂肪エネルギー比で20~25%とします。

2015/07/11 11:35
ID : eeckczncj
0

1、浮腫があっても、腎臓の機能は正常な場合は水分制限は行わない。

2、C型肝炎の場合は体内に鉄が蓄積されている場合があるので、注意が必要です。

3、たんぱく質は健康体の場合でも約70g(体重分)ですが、血中アンモニア値が高いため、制限が必要です。

4、浮腫があるので塩分制限は必要です。

5、脂肪エネルギー比率は通常の20~25%です。

2015/06/16 22:05
ID : ufmgroyhr
0

正解は 4 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

この男性は、肝硬変の非代償期で、高アンモニア血症を生じています。

1.浮腫や腹水があるため、水分を制限することもありますが、300ml/日以下では少なすぎます。

2.鉄は制限を行うので、6㎎/日以下が目安となります。

3.高アンモニア血症であるため、たんぱく質の制限をします。0.5~0.8g/kcal/㎏/日となります。

4.正しい記載です。

5.脂肪エネルギー比率は20~25%とします。

2016/10/09 10:54
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。