過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

最近の国民健康・栄養調査の結果からみた成人の栄養・食生活に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
カルシウム摂取量は、20歳代が最も多い。
 2 . 
朝食欠食率は、40歳代が最も高い。
 3 . 
野菜摂取量は、60歳代が最も多い。
 4 . 
脂肪エネルギー比率が30%以上の者の割合は、女性より男性で高い。
 5 . 
食塩摂取量は、年齢階級が上がるとともに減少している。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.カルシウム摂取量が最も多いのは、60歳代です。数値で表すと、20歳代では約400mg前後なのに対し、60歳代では約550mgとなっています。

2.朝食欠食率が最も高いのは、20歳代です。20歳代の男性で約3割、女性で約2割となっています。40歳代では、男性で約2割、女性で約1割です。

3.野菜の摂取量は、60歳代が最も多く、約320gです。
よって、正しい答えとなります。

4.脂肪エネルギー比率が30%以上の者の割合は、男性よりも女性の方が高いです。平成24年の結果では、男性が約20%、女性が約30%でした。

5.食塩の摂取量は、どの年齢層においてもほぼ横ばいです。

2016/11/29 19:09
ID : hvhomzxu
0

1.平成26年度の「国民健康・栄養調査」ではカルシウム摂取量は7-14歳代が最も多いので誤となります。

2.平成26年度の「国民健康・栄養調査」では朝食欠食率は男性 14.3%、女性 10.5%であり、男女ともに
20歳代で最も高く、男性37%、女性23.5%であるので誤となります。

3.平成26年度の「国民健康・栄養調査」では野菜摂取量は60歳代が最も多いので正となります。1日の野菜類摂取量の平均値は292.3g、男性300.8g、女性285.0g
です。男女ともに20歳代で最も少なくなっています。

4.平成26年度の「国民健康・栄養調査」では脂肪エネルギー比率が30%以上の割合は男性23.8%、女性32.6%と女性の方が多いため誤となります。

5.平成26年度の「国民健康・栄養調査」では食塩摂取量は男女ともに60歳代が最も多いので誤となります。

よって正解は3.となります。

2016/04/19 14:04
ID : ftvfcgqaq
0

平成20年の国民健康・栄養調査を例に解説します。

1.× カルシウム摂取量は20歳代が最も少なく、最も多いのは7-14歳となっています。7-14歳は学校給食などでの補給が例に挙げられます。

2.× 朝食欠食率は20歳代が最も高く、男性は30.0%、女性は26.2%となっています。

3.○ 野菜摂取量は60歳代が最も多く、次に50歳代です。

4.× 脂肪エネルギー比率が30%以上の者の割合は女性の方が高く25.0%、男性は17.4%となっています。

5.× 食塩摂取量は総数では60歳代が最も多くなっています。男性は60歳代、女性は50歳代が最も多いです。

正解は3です。


2015/07/16 17:14
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。