過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

事業所給食における栄養・食事管理の計画に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
献立作成基準を作るために、衛生管理マニュアルを作成する。
 2 . 
対象者の栄養に関する知識を知るために、生化学的検査を実施する。
 3 . 
食品構成を作るために、栄養管理報告書を作成する。
 4 . 
給与エネルギー目標量を検討するために、対象者のBMIの分布を把握する。
 5 . 
摂取量が推定平均必要量(EAR)未満の者の割合を求めるために、対象者の健康診断の結果を活用する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.× 献立作成基準を作るためには給与栄養目標量を決めます。

2.× 対象者の栄養に関する知識と生化学的検査は関係がありません。アンケートなどを行います。

3.× 食品構成を作るためには食品群別荷重平均成分表を作成します。
献立計画の手順として①食品群別荷重平均成分値を求める→②食品構成表を作成する。→③予定献立の作成という手順になります。

4.○ 対象者のBMI分布を把握し、給与エネルギー目標量を決めます。

5.× 摂取量に関しては健康診断では結果が得られません。
 食事調査を行い推定平均必要量(EAR)未満の者の割合を求めます。

よって正解は4です。

2015/07/24 15:32
ID : rwxunyjf
0

1. 献立作成基準を作るためには衛生管理マニュアルではなく給与栄養目標量を算定するので誤となります。

2. 対象者の栄養に関する知識を知るためには、生化学的検査ではなく、アンケートや面談を行うので誤となります。

3. 食品構成とは、献立を作成する際の栄養成分の類似した食品ごとの仕様目安量のことです。食品構成表を作成するためには各食品群の栄養成分値により作成した栄養成分表である加重平均栄養成分表がひつようであるため誤となります。

4. 給与エネルギー目標量を検討するためには、対象者のBMIの分布を把握するため正となります。

5. 食事の摂取量は健康診断では把握できないので誤となります。摂取量は食事調査によって把握できます。

よって正解は、4. となります。

2016/05/30 00:18
ID : ftvfcgqaq
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。