過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

さんまの塩焼きの調理工程と、予測される危害及びそのモニタリング方法の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
保管 ----- 異物混入 ----- 室温点検
 2 . 
加熱 ----- 細菌残存 ----- 視覚点検
 3 . 
洗浄 ----- 細菌汚染 ----- 金属探知
 4 . 
調味 ----- 二次汚染 ----- 中心温度測定
 5 . 
検収 ----- 細菌増殖 ----- 品温測定
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

1.保管の工程では、予測される危害は異物混入で正しいですが、モニタリングの方法としては、視覚による点検が必要となります。

2.加熱の工程では、予測される危害は細菌残存で正しいですが、モニタリングの方法としては、中心温度を測定することが必要となります。

3.洗浄の工程では、予測される危害は細菌汚染で正しいですが、モニタリングの方法としては、洗浄がどのくらいきちんと行われたか、その程度を確認することが必要となります。

4.調味の工程では、予測される危害は二次汚染で正しいですが、モニタリングの方法としては、手指の点検をすることが必要となります。

5.検収の工程では、細菌が増殖していないかという点が予測される危害として考えられ、また、それをモニタリングする方法としては、食材の温度を測定することが必要となります。
よって、正しい答えとなります。

2017/03/27 19:54
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
0

1. 保管の際の異物混入を防ぐためには、視覚点検が必要なので誤となります。

2. 加熱による細菌の残存を防ぐためには、中心温度の測定が必要なので誤となります。

3. 洗浄時の細菌汚染は、視覚点検や洗浄器具の衛生状態の確認などが必要なので誤となります。

4. 調味時の二次汚染を防ぐためには、調理器具や調味料等の衛生状態を確認することが必要なので器具や調味料の保管状況を確認します。よって誤となります。

5. 検収時の細菌増殖は、配送時の温度管理が関与するので品温を測定することで防ぐことができます。よって正となります。

よって、正解は5. となります。

2016/05/30 21:22
ID : ftvfcgqaq
-1

調理工程とモニタリング方法については大量調理施設衛生マニュアルに記載されています。

1.× 保管時の異物混入は視覚点検により防ぐことが可能です。

2.× 加熱による細菌残存は中心温度の測定により防ぐことが出来ます。

3.× 洗浄による細菌汚染は視覚点検により洗浄器具の殺菌状況などを確認することで防ぐことが出来ます。

4.× 調味の二次汚染は使用する調理器具などの衛生状態を確認することで防ぐことが出来ます。

5.○ 検収時の細菌増殖は品温を測定することで予防可能です。

よって正解は5です。

2015/07/26 13:52
ID : rwxunyjf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。