過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 応用力問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

63歳、女性、週3回血液透析を受けている。身長158 cm、ドライウエイト52 kg(標準体重55 kg)、血圧160/92 mmHg、無尿、透析間体重増加量は中2日で3.0 kg。透析前の血液検査では、血清クレアチニン値9.1 mg/dL、血中尿素窒素値86 mg/dL、血清カリウム値5.5 mEq/L、血清リン値6.0 mg/dLであった。
血液透析による血漿中からの物質の除去に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
IgM(γ1マクログロブリン)は、β2ミクログロブリンより除去されやすい。
 2 . 
鉄は、リンより除去されやすい。
 3 . 
遊離脂肪酸は、アミノ酸より除去されやすい。
 4 . 
ビタミンAは、葉酸よりも除去されやすい。
 5 . 
カリウムは、カルシウムより除去されやすい。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

透析液は主にナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、クロール、重炭酸、ブドウ糖の成分からできています。
慢性腎不全の血液中では
高くなる;カリウム、マグネシウム、リン→除去が必要
低くなる;カルシウム、重炭酸 →適切な濃度に補給

透析液はカリウム、マグネシウム、リンが除去できる濃度となっています。

1.× IgM(γ1マクログロブリン)は濾過されず、分子量の小さなβ2ミクログロブリンは濾過(除去)されます。

2.× リンを含まなくし、除去しやすくなっています。

3.× 脂肪酸や脂溶性ビタミンは除去されにくいです。

4.× 葉酸などの水溶性ビタミンは除去されやすい為、欠乏症が生じやすいです。

5.○ カリウムはカルシウムより除去されやすくなっています。
カルシウムの多くははたんぱく質と結合しているため除去されにくいです。

よって正解は5です。

2015/08/07 13:59
ID : rwxunyjf
0

物質の大きさによって血液透析の機械の半透膜を通るもの、通りにくいもの、通らないものがあります。
・通るもの…尿素窒素、クレアチニン、尿酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、水分など
・通りにくいもの…β2ミクログロブリンなど低分子たんぱく
・通らないもの…赤血球、白血球、たんぱく質、ウイルスなど

1. IgMはタンパク質であるので除去されないので、β2ミクログロブリンは通りにくいが除去されるので誤となります。

2. リンが上昇しやすいため、多く除去する必要があります。透析液にリンは含まれません。よって誤となります。

3. 脂溶性のものは除去されにくいので誤となります。

4. 脂溶性ビタミンよりも水溶性ビタミンの方が除去されやすいので誤となります。

5. カリウムはカルシウムよりも除去されにくいので正となります。

よって正解は、5. となります。

2016/05/31 23:45
ID : ftvfcgqaq
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。