過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

2005年以降、我が国の死因統計に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
胃がんの年齢調整死亡率は、男女ともに低下傾向にある。
 2 . 
部位別の悪性新生物の死亡数は、男女ともに大腸が最多である。
 3 . 
死因順位は、悪性新生物、脳血管疾患、心疾患の順である。
 4 . 
脳血管疾患の年齢調整死亡率は、男女ともに上昇傾向にある。
 5 . 
心疾患死亡の約1割は、虚血性心疾患による死亡である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.○ その通りです。

2.× 男性は肺、女性は大腸が最多です。

3.× 死因順位は、悪性新生物(約30%)、心疾患(約15%)、肺炎(約10%)、脳血管疾患(約10%)の順です。

4.× 脳血管疾患の年齢調整死亡率は、男女ともに減少傾向にあります。

5.× 心疾患死亡の約5割は、虚血性心疾患による死亡です。虚血性心疾患とは狭心症や心筋梗塞の事です。

よって正解は1です。

2015/08/22 05:34
ID : rwxunyjf
0

正解は 1 です。

社会・環境と健康/健康、疾病、行動に関わる統計資料からの出題です。

1.記載の通りです。胃がんは日本人に多いがんではありますが、年齢調整死亡率は低下してきています。

2.部位別に悪性新生物の死亡数をみると、女性では大腸が最多ですが、男性では肺が最多となります。

3.出題当時と死因順位は変わり、1位悪性新生物、2位心疾患、3位肺炎となっています。(出題当時は3位が脳血管疾患)

4.脳血管疾患の年齢調整死亡率は男女ともに低下傾向にあります。

5.心疾患死亡のうち、虚血性心疾患による死亡は約4割になります。

2016/04/25 09:49
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。