過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ウイルス対策が重要とされているがんである。正しいものの組合せはどれか。

  a 胃がん
  b 乳がん
  c 肝細胞がん
  d 子宮頸がん

 1 . 
cとd
 2 . 
aとc
 3 . 
aとd
 4 . 
aとb
 5 . 
bとc
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 1 です。

社会・環境と健康/主要疾患の疫学と予防対策からの出題です。

がんは部位ごとに主なリスクファクターがわかっているものもあります。

a:胃がんのリスクファクターとしては、食塩や塩辛い食事、喫煙、ヘリコバクター・ピロリ菌などが知られています。

b:乳がんのリスクファクターとしては、コレステロールの過剰摂取などが知られています。

c:肝細胞がんについては、飲酒や低栄養がリスクファクターと知られていますが、その他にもB型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスがリスクファクターになるとされています。

d:子宮頸がんについてはヒトパピローウイルスによると考えられていて、予防接種も可能です。

よってcとdが該当するので、正解は 1 となります。

2016/05/05 07:50
ID : oovsedpp
1

a.× 胃がんはピロリ菌が原因の1つとされていますがウイルスではありません。(細菌)

b.× 乳がんの原因は遺伝や妊娠出産歴、喫煙、脂質の多い食生活等が考えられています。

c.○ 肝細胞がんは原因としてB型肝炎、C型肝炎があります。ウイルス性によるものです。

d.○ 子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が関連しているとされています。

よって正解は1(cとd)です。

2015/08/27 10:43
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。