過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

代謝とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
アクアポリンは、細胞膜における水の通過に関与する。
 2 . 
Na+,K+-ATPaseは、ナトリウムイオン(Na+)を細胞内に能動輸送する。
 3 . 
脱共役たんぱく質(UCP)は、クレアチンリン酸の分解とATP産生を脱共役させる。
 4 . 
インスリンは、解糖を抑制する。
 5 . 
アルドステロンは、アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシン Ⅰ に変換する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.○ アクアポリンは細胞膜に存在する細孔を持ったたんぱく質です。
水分子を選択的に通過させることができ、細胞へ水を取り込む働きがあります。

2.× Na+,K+-ATPaseは、ナトリウムイオン(Na+)を細胞外に能動輸送する酵素です。

3.× 脱共役たんぱく質とは、電子伝達系および、ATPの合成反応のいずれも阻害せずに両反応の共役を阻害するたんぱく質のことです。

4.× インスリンは解糖を促進します。

5.× アルドステロンは副腎皮質から分泌されるホルモンで腎臓におけるナトリウムイオンや水の再吸収を促進し、血圧の上昇に関与しています。
アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換する酵素はレニンです。

よって正解は1です。

2015/09/19 15:37
ID : rwxunyjf
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/個体の恒常性(ホメオタシス)とその調節機構からの出題です。

1.記載の通りです。アクアポリンとは、細胞膜の水を通す水チャネルのことです。水だけを選択的に通します。

2.Na+,K+-ATPaseは、ナトリウムイオンを細胞外に輸送します。Na+,K+-ATPaseは細胞膜に存在していて、ナトリウムイオンを細胞外に、カリウムイオンを細胞内へ輸送します。この輸送はエネルギーを使って、濃度勾配に逆らって行われるので、能動輸送です。

3.脱共役たんぱく質は、ミトコンドリア内膜に存在し、電子伝達系が働いても共役してATPを合成せず、使わなかったエネルギーを熱として放出します。

4.インスリンは解糖を促進します。

5.アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換するのはレニンです。

2016/05/06 08:56
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。