過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
ビタミンB1は、ピルビン酸脱水素酵素の補酵素である。
 2 . 
グリコーゲンホスホリラーゼは、グリコーゲン合成を促進する。
 3 . 
乳酸脱水素酵素は、乳酸からオキサロ酢酸を生成する。
 4 . 
グルコースは、ペントースリン酸回路で代謝されATPを生じる。
 5 . 
インスリンは、肝臓へのグルコースの取り込みを抑制する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.○ ビタミンB1は化学名をチアミンといい、糖質の代謝に関与しています。
体内でTTP(チアミンピロリン酸)となり、ピルビン酸からアセチルCoAとCO2が生じる反応を触媒するピルビン酸脱水素酵素の補酵素として働きます。

2.× グリコーゲンホスホリラーゼは、グリコーゲン分解し、グルコース-1-リン酸を生成します。

3.× 乳酸脱水素酵素は、乳酸からピルビン酸を生成する反応を触媒する酵素です。

4.× グルコースは、解糖系、クエン酸回路、電子伝達系を経てATPを産生します。
ペントースリン酸回路は解糖系で生じたグルコース6リン酸がフルクトース6-リン酸とグルセル3-リン酸となります。ペントースリン酸回路の役割は核酸の材料であるリボースおよび脂肪酸の合成に必要なNADPHの供給です。

5.× インスリンは、肝臓へのグルコースの取り込みを促進します。糖の利用を促進し、結果血糖を低下させます。

よって正解は1です。

2015/09/24 15:29
ID : rwxunyjf
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1.記載の通りです。ビタミンB1は、生体内でリン酸2分子と結合して、グルコース代謝と分岐鎖アミノ酸代謝に必要な補酵素として作用します。

2.グリコーゲンホスホリラーゼはグリコーゲンの分解を促進します。

3.乳酸脱水素酵素は乳酸とピルビン酸間の反応を触媒する酵素です。

4.グルコースからATPを生じる経路は、解糖系、クエン酸回路での代謝後、電子伝達系を経ます。ペントースリン酸回路はATP産生に関与しません。

5.インスリンは肝臓からのグルコース放出を抑制します。

2016/05/06 09:11
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。