過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ヒト体内における脂肪酸に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
リノール酸は、アラキドン酸の前駆体となる。
 2 . 
エイコサペンタエン酸は、パルミチン酸から合成される。
 3 . 
ドコサヘキサエン酸は、γ-リノレン酸から合成される。
 4 . 
オレイン酸は、必須脂肪酸である。
 5 . 
トランス脂肪酸は、血清LDL‐コレステロール値を低下させる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1.記載の通りです。リノール酸は必須脂肪酸ですが、アラキドン酸はリノール酸から合成することができます。

2.エイコサペンタエン酸は、α-リノレン酸から合成されます。

3.ドコサヘキサエン酸は、α-リノレン酸から合成されます。

4.必須脂肪酸は、リノール酸・α-リノレン酸・アラキドン酸です。

5.トランス脂肪酸は、血清LDL-コレステロール値を増加させることが懸念されています。

2016/05/06 09:17
ID : oovsedpp
1

1.○ n-6系のアラキドン酸はn-6系のリノール酸はから合成されます。


2.× エイコサペンタエン酸(EPA)は、n-3系のα-リノレン酸から合成されます。


3.× ドコサヘキサエン酸(DHA)は、α-リノレン酸から合成されたエイコサペンタエン酸から合成されます。

4.× オレイン酸は、ステアリン酸から合成できるので必須脂肪酸ではありません。
必須脂肪酸はn-6系のリノール酸、n-3系のα-リノレン酸です。

5.× トランス脂肪酸は、血清LDL‐コレステロール値を上昇させ、心疾患の原因ともなると問題視されています。
トランス脂肪酸は加工油脂(マーガリン、ショートニング、クリーム等)に多く含まれています。

よって正解は1です。

2015/09/24 23:07
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。