過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

代謝性アシドーシスを示す病態とその機序に関する組合せである。正しいのはどれか。

 1 . 
1型糖尿病 ------------------ ケトン体の産生低下
 2 . 
尿細管アシドーシス ----- 水素イオン(H+)の再吸収障害
 3 . 
腎不全 ----------------------- 重炭酸イオン(HCO3-)の排泄障害
 4 . 
激しい運動 ----------------- 血中乳酸値の上昇
 5 . 
飢餓 -------------------------- 血中二酸化炭素分圧の増加
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/腎・尿路系からの出題です。

1.1型糖尿病ではインスリンの不足によって脂肪酸がケトン体に変換されるので、ケトン体の産生増加となります。

2.尿細管アシドーシスは水素イオンの分泌障害によって起こります。また重炭酸イオンの再吸収障害によっても起こります。

3.重炭酸イオンが増加する場合、アシドーシスではなくアルカローシスとなります。

4.正しい記載です。激しい運動では嫌気的代謝によって尿酸値が上昇します。

5.飢餓状態の場合エネルギーが足りないので、脂肪酸代謝促進によってケトン体が合成され、血中ケトン体増加となります。

2016/05/07 14:44
ID : oovsedpp
0

代謝系アシドーシスとは血中pHが7.4より低くなる=酸性に傾く状態をいいます。

1.× 糖尿病は糖代謝がうまくいかなくなり、脂質の代謝が促進された状態となり、ケトン体が増加します。よって酸性に傾くアシドーシスとなります。

2.× 尿細管アシドーシスは近位尿細管での重炭酸イオンの再吸収障害によるものと、遠位尿細管での水素イオンの排泄障害によるものがあります。

3.× 腎不全では体内で産生した酸の排泄障害により酸が増加します。重炭酸イオン(HCO3-)の排泄障害ではなく、重炭酸イオンが消費されてアシドーシスとなります。

4.○ 激しい運動では嫌気状態となり乳酸が産生されます。乳酸は血中に出てアシドーシスとなります。

5.× 飢餓では体内の異化が進みます。すると酸が産生され、アシドーシスとなります。肺では二酸化炭素排泄を促進するため、血中二酸化炭素分圧は低下します。

よって正解は4です。 

2015/11/26 14:23
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。