過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

透析に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
物質除去能率は、腹膜透析が血液透析よりも高い。
 2 . 
たんぱく質喪失量は、血液透析が腹膜透析よりも多い。
 3 . 
最近のわが国では、腹膜透析患者が血液透析患者より多い。
 4 . 
血液透析の多くは、自宅で施行されている。
 5 . 
腹膜透析では、透析液のブドウ糖が生体に移行する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/腎・尿路系からの出題です。

1.透析の物質除去脳は、血液透析の方が腹膜透析よりも高くなります。

2.腹膜透析の欠点としてたんぱく質喪失が大きいことが挙げられます。血液透析よりも腹膜透析の方がたんぱく質喪失量は大きくなります。

3.日本の透析患者の大半が血液透析を行っています。

4.血液透析は自宅では行えず病院で施されます。

5.正しい記載です。腹膜透析では透析液にブドウ糖を加えて浸透圧を上げており、生体にブドウ糖が移行しやすいという現象が起こります。

2016/05/10 10:06
ID : oovsedpp
0

血液透析は人工膜を介して不要物を取り除き血液を浄化する方法です。
腹膜透析は腹腔内に透析液を注入し、腹膜を半透膜として体内で透析を行う方法です。
メリットとしては自宅や会社での透析が可能で社会復帰しやすい点があります。

1.× 物質除去能率は、血液透析が腹膜透析よりも高いです。

2.× たんぱく質喪失量は、腹膜透析の方が血液透析よりも多いです。
血液透析ではたんぱく質は透析膜をほとんど通過しない為、喪失量は少ないです。
腹膜透析ではたんぱく質が腹膜を通過し、1日10g程度のたんぱく質が失われます。

3.× 血液透析患者が圧倒的に多いです。腹膜透析患者は全体の数%(約4%)となっています。

4.× 血液透析の多くは、医療機関で実施されています。

5.○ 腹膜透析では透析液のブドウ糖が生体に移行します。

よって正解は5です。

2015/12/14 14:57
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。