過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

神経系に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
温痛覚の信号は、脊髄後角の神経細胞に受け渡される。
 2 . 
脊髄前角細胞の障害により、深部知覚が障害される。
 3 . 
偽(仮)性球麻痺では、嚥下障害をきたさない。
 4 . 
頸髄が横断性に障害されると、片麻痺が生じる。
 5 . 
錐体路の80%以上は、胸髄レベルで交叉する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1.○ 温痛覚の伝達路は、外側脊髄視床路と呼ばれ、脊髄後角の神経細胞に受け渡されます。

2.× 脊髄前角細胞の障害は運動障害となって現れます。
深部知覚とは皮膚や粘膜の表面ではなく、深部の受容器により起こる感覚(位置感覚、運動感覚など)です。

3.× 偽(仮)性球麻痺では、嚥下中枢とつながる神経の障害により、嚥下障害が生じます。
嚥下中枢は脳幹の延髄の網様体にあります。偽(仮)性球麻痺は皮質延髄路の障害によるものです。

4.× 頸髄が横断性に障害されると、四肢麻痺となって現れます。

5.× 錐体路とは大脳皮質から脳幹や脊髄の決まった場所に筋運動を起こす指令を伝える下行性伝達路です。その大部分(80%以上)は、延髄の下端で交叉します。(錐体交叉)

よって正解は1です。

2015/12/18 14:07
ID : rwxunyjf
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/神経系からの出題です。

1.記載の通りです。

2.脊髄前角細胞に障害が起こると、運動が障害されます。深部知覚が障害されるのは、脊髄後角細胞の障害によります。

3.球麻痺とは延髄の運動核の障害によって起こる麻痺のことです。これによって嚥下障害が起こります。延髄に問題がないのに大脳皮質などに損傷があることで同じような症状となる場合を偽(仮)性球麻痺といいます。

4.頸髄が横断性に障害されると四肢麻痺が生じます。片麻痺は身体の片側の上下肢に運動麻痺が見られることをいいます。

5.錐体路の80%以上は脳幹部レベルで交叉します。

2016/05/10 10:23
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。