過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ビタミンK依存性凝固因子である。正しいのはどれか。

 1 . 
第 VIII 因子
 2 . 
第 XI 因子
 3 . 
第 I 因子
 4 . 
第 VII 因子
 5 . 
第 V 因子
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

ビタミンKは脂溶性ビタミンの一つであり、血液凝固作用があります。
血液凝固因子はⅠ~ⅩⅢ(Ⅺは欠番)因子があります。その中の四つはビタミンK依存性凝固因子と呼ばれ、ビタミンKがないと活性されない因子となっています。
その因子はⅦ、Ⅸ、Ⅹ、Ⅱ(7,9,10,2)です。

よって正解は4です。

2015/12/22 11:38
ID : rwxunyjf
0

正解は 4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/血液・造血器・リンパ系からの出題です。

血漿に含まれる欠番のⅥを除く第Ⅰ~ⅩⅢまでの凝固因子があります。このうちビタミンK依存性なのはⅡ、Ⅶ、Ⅸ、Ⅹなので、選択肢であてはまる 4 が正解となります。

2016/05/10 10:51
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。