過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

骨、関節疾患とその原因・病態に関する組合せである。正しいのはどれか。

 1 . 
骨粗鬆症 ----------- 関節滑膜増殖
 2 . 
骨軟化症 ----------- ビタミンK欠乏
 3 . 
くる病 -------------- 亜鉛欠乏
 4 . 
変形性関節症 ----- 関節軟骨変性
 5 . 
関節リウマチ ----- 骨量増加
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

正解は 4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/運動器(筋・骨格系)からの出題です。

1.関節滑膜増殖を示すのは関節リウマチです。

2.骨軟化症がビタミンD欠乏によって起こります。

3.くる病はビタミンD欠乏によって起こります。

4.正しい組み合わせです。

5.関節リウマチでは滑膜が増殖して関節が壊れます。

2016/05/10 10:54
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
0

1.× 骨粗鬆症は古い骨の破壊(骨吸収)が骨形成を上回り、骨折が起こりやすくなる状態であり、関節滑膜増殖は認められません。

2.× 骨軟化症骨は骨折しやすくなる状態で、ビタミンDの欠乏が要因です。

3.× くる病についてもビタミンDの欠乏症です。
亜鉛欠乏症は味覚障害、創傷治癒の遅延などです。

4.○ 変形性関節症では関節などに痛みが生じます。関節軟骨変性が関与しています。(軟骨がすり減るなど)

5.× 関節リウマチでは関節に炎症が生じ、滑膜の増殖が認められます。

よって正解は4です。

2015/12/22 12:02
ID : rwxunyjf
0

正解は4.【変形性関節症 - 関節軟骨変性】です。

以下、詳細の説明です。

1.×
正しくは、「骨粗鬆症 - 骨量減少」
骨粗鬆症は、骨量の減少が著しくなったり、
骨質が低下したりすることによって骨に脆弱性が生じ、
骨折が生じやすくなる疾患です。
関節滑膜増殖が起きるのは関節リウマチです。
ウイルス感染などをきっかけにリンパ球が自身の組織を
異物とみなして攻撃してしまい(自己免疫)、
関節の滑膜に炎症が起き、滑膜が異常に増殖します。

2.×
正しくは、「骨軟化症 - ビタミンD欠乏」です。
骨や軟骨の石灰化障害により、類骨(石灰化していない骨器質)が増加する病気で、
成人に発症するものを「骨軟化症」といいます。
これに対して、小児に発症するものを「くる病」といいます。
骨軟化症やくる病では、類骨と石灰化した骨の全骨量は減少しないのに対し、
骨粗鬆症は類骨の割合が正常で全骨量が減少します。
ビタミンK欠乏は出血を引き起こします。

3.×
正しくは、「くる病 - ビタミンD欠乏」です。
亜鉛欠乏症は味覚障害や鉄欠乏性貧血を引き起こします。

4.○
変形性関節症は、関節が体重などの負担に耐えられなくなったり、
関節の働きが正常でなくなったりすることで、
軟骨に裂け目ができます。
軟骨細胞が減少するため、軟骨はもろくすり減っていき、
関節のクッションとしての役割を果たせなくなります。

5.×
正しくは、「関節リウマチ -関節滑膜増殖」です。
上述の通りです。

2017/01/03 15:09
ID : hyqgtumzsd
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。