管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15647問 出題

問題

アミノ酸に関する記述である。(    )に入る組合せとして正しいのはどれか。

たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、(  a  )は卵たんぱく質に多い含硫アミノ酸で、(  b  )は穀類たんぱく質で不足しがちな必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)である。また、(  c  )は光学活性を示さないアミノ酸である。
 1 . 
a メチオニン ---------- b フェニルアラニン ---- c セリン
 2 . 
a メチオニン ---------- b リシン ------------------ c グリシン
 3 . 
a トリプトファン ---- b フェニルアラニン ---- c セリン
 4 . 
a トリプトファン ---- b リシン ------------------ c グリシン
 5 . 
a メチオニン ---------- b リシン ------------------ c セリン

この管理栄養士 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
 (a)はたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、含硫アミノ酸であるということから、メチオニンかシステインであると考えられます。
 メチオニンは卵類に多く含まれるアミノ酸で、システインは肉や魚、穀類に多く含まれます。
 (b)は穀類で不足しがちな必須アミノ酸であるということから、リシンであると考えられます。
 (c)は光学活性を示さないアミノ酸ということから、20種類のアミノ酸のうちで示さないのはグリシンだけなので、グリシンと考えられます。
 光学活性とは、不斉炭素原子が原因で生じる立体異性(光学異性体)に偏光を入射すると偏光面が回転する性質を言います。不斉炭素原子がなければ光学活性を示しません。
 以上のことをふまえて解説します。

1.× (b)(c)が違います。
 フェニルアラニンは必須アミノ酸ですが、肉や魚、豆類に多く含まれています。
 セリンは光学活性を示します。

2.○ 正しいです。
 メチオニンは豆類には少なく、卵類に多く含まれます。
 リシンは米や小麦などの穀類中のたんぱく質には少なく、第一制限アミノ酸である場合が多いです。一方、魚肉などの動物性たんぱく質にほ豊富に含まれます。
 グリシンはたんぱく質構成アミノ酸のうちで分子量最小のアミノ酸です。光学活性の原因となる不斉炭素を持ちません。

3.× (a)(b)(c)全て違います。
 トリプトファンは必須アミノ酸ですが、豆類や肉、魚、チーズなどに多く含まれます。

4.× (a)が違います。

5.× (c)が違います。
評価後のアイコン
2017/09/20 07:22
ID : hgqfmyyrk
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は 2 です。

食べ物と健康/食品の機能からの出題です。

aは「含硫アミノ酸」とありますので、メチオニンであることがわかります。
bは穀類の多くはリシンが第一制限アミノ酸となることを知っていれば解答できます。
cは光学活性を示すかどうかがポイントになっていますので、不斉炭素を持たないグリシンを選択することができます。

以上の正しい組み合わせから、正解は 2 とわかります。
評価後のアイコン
2016/05/10 11:19
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。