管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15673問 出題

問題

糖質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
食後には、肝臓におけるグルコースの利用が増大する。
 2 . 
脳におけるグルコースの利用には、ビタミンB1は必要ではない。
 3 . 
空腹時には、骨格筋へのグルコースの取り込みが増大する。
 4 . 
血糖値が低下すると、グルカゴン分泌が抑制される。
 5 . 
脳におけるグルコースの利用は、血糖値の影響を受けない。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は、1です。

1:〇

2:脳におけるグルコースの利用には、ビタミンB1が必須です。

3:骨格筋へのグルコースの取り込みが増大するのは、食後です。

4:血糖値が低下すると、グルカゴン分泌が促進され血糖値の増加を促します。

5:脳におけるグルコースの利用は、血糖値の影響を受けます。
評価後のアイコン
2015/07/28 14:30
ID : nbfwghucx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

基礎栄養学/炭水化物の栄養からの出題です。

1.正しい記載です。グルコースは肝臓でエネルギー源やグリコーゲンの素材として利用されるため、食後には利用が増大します。

2.ビタミンB1は糖質代謝に必要なビタミンで、脳における利用でも必要となります。

3.空腹時には脳へのグルコース供給が優先され、骨格筋への取り込みは低下します。

4.グルカゴンは血糖値を上昇させるホルモンですので、血糖値が低下すると分泌は促進されます。

5.脳のエネルギーの多くはグルコースですので、血糖値の影響を受けます。
評価後のアイコン
2016/06/22 15:46
ID : oovsedpp
評価する
0
評価しない
正解は1.【食後には、肝臓におけるグルコースの利用が増大する。】です。

以下、詳細の説明です。

1.○
食後、肝臓は血液中のグルコースを取り込み、グリコーゲンに合成します。

2.×
脳におけるグルコースの利用にはビタミンB₁が必要であり、
脳神経系の正常な働きに関係しています。

3.×
食後に骨格筋へのグルコースの取り込みが増大し、
グリコーゲンに変換して蓄えます。

4.×
血糖値が低下すると、グルカゴン分泌が促進されます。
グルカゴンは膵臓から分泌され、血糖値を上昇させる働きがあります。

5.×
脳におけるグルコースの利用は、血糖値の影響を受けます。
血糖値が低下している状態では脳に十分なグルコースが供給できず、
脳がエネルギー不足になります。
評価後のアイコン
2016/07/25 15:36
ID : hyqgtumzsd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。