過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖質を多く含む食事を摂取した後の代謝変化に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
脳では、エネルギー源としてのケトン体の利用が増大する。
 2 . 
筋肉では、血液中へのアミノ酸の放出が増大する。
 3 . 
肝臓では、アミノ酸からのグルコースの産生が抑制される。
 4 . 
脂肪組織では、血液中への脂肪酸の放出が増大する。
 5 . 
筋肉では、グリコーゲンの合成が抑制される。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は3.【肝臓では、アミノ酸からのグルコースの産生が抑制される。】です。

以下、詳細の説明です。

1.通常の脳はエネルギー源をグルコースに依存しています。
絶食が長時間続き飢餓状態になると、糖質からのエネルギー供給が十分でなくなるため、
肝臓で脂肪酸から産生されるケトン体がエネルギー源となります。

2.筋肉から血中へアミノ酸の放出が促進されるのは、
ヒトが低栄養状態に陥り、グリコーゲンや脂肪からのエネルギー供給が低下した場合です。

3.○
グルコース供給が十分な状態では、
むしろグルコースを原料として糖原生アミノ酸の合成が促進されます。

4.脂肪組織では血液中への脂肪酸の放出は減少し、肝臓では脂質の合成が促進されます。

5.食事により血糖値が上昇してインスリン分泌が盛んになると、
筋肉ではグルコースを取り込んでグリコーゲンを合成します。

2016/07/25 15:39
ID : hyqgtumzsd
0

正解は 3 です。

基礎栄養学/炭水化物の栄養からの出題です。

1.脳でエネルギー源としてケトン体が利用されるのは空腹時ですので、糖質が供給されればケトン体の利用は低下します。

2.筋肉ではアミノ酸からのたんぱく質合成が進むので、血液中のアミノ酸放出は低下します。

3.正しい記載です。アミノ酸からのグルコース産生とは、糖新生のことです。糖新生は空腹時に進むものですので、食事から糖質が供給されれば糖新生は抑制されます。

4.脂肪組織で血液中への脂肪酸放出が増えるのは空腹時なので、糖質が供給されれば脂肪酸の放出は低下します。

5.食事からグルコースが供給されればインスリンが働き、肝臓と筋肉にグリコーゲンとして蓄積されます。

2016/06/25 13:38
ID : oovsedpp
0

正解は、3です。

1:脳でケトン体がエネルギー源としての利用が増大するのは、空腹時や飢餓時です。

2:筋肉では、血液中へのアミノ酸の放出は減少します。

3:〇

4:脂肪組織では、血液中への脂肪酸の放出は減少します。

5:筋肉では、グリコーゲンの合成が活発になります。

2015/07/28 14:35
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。