過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

脂質代謝に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 食事由来のトリアシルグリセロールは、脂肪組織に蓄積されることはない。
  b 空腹時には、脂肪組織におけるトリアシルグリセロールの分解が促進する。
  c 脂肪酸からグルコースは合成されない。
  d 脂質の吸収は、糖質を多く含む食品を同時に摂取すると増大する。

 1 . 
cとd
 2 . 
aとc
 3 . 
aとd
 4 . 
bとc
 5 . 
aとb
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
3

正解は4.【bとc】です。

以下、詳細の説明です。

a ×
食事由来のトリアシルグリセロールは、脂肪組織に蓄積されます。
小腸で吸収されたトリアシルグリセロールはキロミクロンとしてリンパ管へ分泌され、
やがて肝臓で取り込まれます。
この過程でリポタンパク質リパーゼによりキロミクロン中のトリアシルグリセロールが分解され、
遊離脂肪酸が血液中に放出されます。
この脂肪酸は、積極的に脂肪組織や筋肉細胞に取り込まれます。

b 〇
脂肪細胞はトリアシルグリセロールをエネルギー源として蓄え、
絶食時にはこれを分解して、脂肪酸とグリセロールにして血液中へと分泌します。

c ○
糖質以外からグルコースを合成することを糖新生といいます。
糖新生の原料としては糖原生アミノ酸、乳酸、グリセロール等が挙げられ、
脂肪酸はこれに含まれません。

d ×
糖質は体内で最も効率よく利用されるエネルギー源であるため、
脂質と糖質を同時に摂取すると糖質の吸収の方が優勢となります。

2016/07/25 15:40
ID : hyqgtumzsd
付箋メモを残すことが出来ます。
2

正解は、4です。

a:食事由来のトリアシルグリセロールは、脂肪組織に蓄積されます。

b:〇

c:〇

d:脂質の吸収は、糖質を多く含む食品を同時に摂取すると糖質の吸収が優勢になるため、脂質の吸収は増加しません。

2015/08/10 15:46
ID : nbfwghucx
0

正解は 4 です。

基礎栄養学/脂質の栄養からの出題です。

a:食事由来のトリアシルグリセロールは、一部が脂肪組織に蓄積されます。

b:正しい記載です。空腹時には脂肪組織内のトリアシルグリセロールが利用されます。

c:正しい記載です。グルコースから脂肪酸が合成されることはありますが、その逆はありません。

d:糖質には胆汁酸を吸着する性質があるため、脂質の吸収が低下します。

よって正しい記載はbとcであるとわかるため、正解は 4 となります。

2016/06/25 13:43
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。