過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

アミノ酸の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
シトルリンは、タンパク質合成に利用される。
 2 . 
分枝(分岐鎖)アミノ酸は、肝臓に効率良く取り込まれて代謝される。
 3 . 
アラニンは、非必須アミノ酸(可欠アミノ酸)である。
 4 . 
ロイシンは、グルコースに転換される。
 5 . 
芳香族アミノ酸は、肝臓では代謝されない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は3.【アラニンは、非必須アミノ酸(可欠アミノ酸)である。】です。

以下、詳細の説明です。

1.×
シトルリンは、タンパク質合成には利用されず、遊離アミノ酸の状態で存在しています。

2.×
アミノ酸の多くは肝臓で代謝されますが、
分枝(分岐鎖)アミノ酸は主に筋肉で代謝されます。

3.○
アラニンは非必須アミノ酸(可欠アミノ酸)で、
ピルビン酸へのアミノ基移転反応により合成されます。
血中に分泌されたアラニンは、肝臓にて糖新生に利用されます。

4.×
ロイシンはケト原性アミノ酸のため、
脂肪酸やケトン体などに転換されます。
グルコースに転換されるのは糖原生アミノ酸です。

5.×
芳香族アミノ酸は肝臓で代謝されます。

2016/07/25 15:41
ID : hyqgtumzsd
0

正解は 3 です。

基礎栄養学/たんぱく質の栄養からの出題です。

1.シトルリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の中に含まれていません。

2.分岐鎖アミノ酸は筋肉で酸化分解され、運動時の重要なエネルギー源となります。

3.正しい記載です。必須アミノ酸は全9種類あり、バリン・ロイシン・イソロイシン・トレオニン・リシン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・ヒシチジンです。

4.ロイシンはケトン体に変換されやすいアミノ酸で、グルコースには転換されません。

5.芳香族アミノ酸の分解は主に肝臓のみで行われます。

2016/06/25 13:50
ID : oovsedpp
0

正解は、3です。


1:シトルリンは、タンパク質合成には利用されません。尿素サイクルで、利用され、アルギニンへ転換されます。

2:分枝(分岐鎖)アミノ酸の代謝は、アミノ基転移酵素を持たないため、門脈にないることができません。そのため、主に筋肉で代謝されます。

3:〇

4:ロイシンは、アセチルCoAに転換されます。

5:芳香族アミノ酸は、肝臓では代謝されます。



2015/08/10 15:53
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。