管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15682問 出題

問題

エネルギー代謝に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 1 kgの水(14.5 ℃)の温度を1 ℃上げるのに必要なエネルギー量は1 kcalである。
  b 基礎代謝量は、体重よりも除脂肪体重との相関が高い。
  c 食物摂取により発生した熱エネルギーは、運動に利用できる。
  d 1日のエネルギー消費量は、骨格筋より脂肪組織の方が大きい。
 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
cとd
 4 . 
bとc
 5 . 
aとd

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解は1.【aとb】です。

以下、詳細の説明です。

a.〇
その通りです。
国際規約ではエネルギーの単位はジュール(J)に統一しており、
日本食品標準成分表ではカロリーとジュールを併記しています。

b.〇
除脂肪組織は脂肪組織に比べてエネルギー代謝が活発であるため、
除脂肪体重が重い人ほど基礎代謝量は多いです。

c.×
食物摂取により発生した熱エネルギーは、体温の維持に利用できます。
なお、食物摂取で消費するエネルギーのことを食事誘発性熱産生といいます。

d.×
1日のエネルギー消費量は、脂肪組織より骨格筋の方が大きいです。
基礎代謝における骨格筋の熱消費量は全身の約30%といわれており、
人体においてもっともエネルギー消費の盛んな器官です。
評価後のアイコン
2016/07/31 09:57
ID : hyqgtumzsd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

基礎栄養学/エネルギー代謝からの出題です。

a:正しい記載です。

b:正しい記載です。除脂肪体重とはつまり主に筋肉や骨のことですので、エネルギー代謝の活発な筋肉との相関が高いことが分かります。

c:食物摂取によって発生した熱エネルギーは食事誘発性体熱産生といい、運動のエネルギーには利用されません。

d:骨格筋でのエネルギー消費量の方が大きくなります。

よって正しい記載はaとbであるとわかり、正解は 1 となります。
評価後のアイコン
2016/06/25 15:00
ID : oovsedpp
評価する
1
評価しない
正解は、1です。

a:〇

b:〇

c:食物摂取により発生した熱エネルギーは、運動ではなく体温の上昇に利用できます。

d:1日のエネルギー消費量は、脂肪組織より骨格筋の方が大きくなります。
評価後のアイコン
2015/08/10 16:28
ID : nbfwghucx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。