過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

乳汁および調乳に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
胎盤由来のエストロゲンは、乳汁分泌に関係しない。
 2 . 
家庭での調乳では、終末殺菌法が一般に用いられている。
 3 . 
人乳は、牛乳よりたんぱく質中のカゼインの割合が少ない。
 4 . 
脂質は、成熟乳より初乳に多く含まれる。
 5 . 
エンテロバクターサカザキ(坂崎菌)の不活化に必要な調乳温度は、50~60℃である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は3.【人乳は、牛乳よりたんぱく質中のカゼインの割合が少ない。】です。

以下、詳細の説明です。

1.×
胎盤由来のエストロゲンは、乳汁分泌を抑制します。
妊娠中は胎盤由来のエストロゲンとプロゲステロンが、
プロラクチンの機能を抑制するため、乳汁分泌が抑制されます。

2.×
家庭での調乳では、無菌操作法が一般です。
終末殺菌法は病院や乳児院、産院などの施設で用いられています。

3.〇
牛乳と母乳を比較すると、エネルギー、脂質、鉄などではあまり差がありません。
しかし、牛乳のタンパク質は母乳の約3倍含まれており、
また組成においてもカゼインが多いです。
また、牛乳の無機質も母乳の3倍以上で、
そのままでは乳児の腎臓への負担が大きいです。

4.×
初乳にはたんぱく質や無機質が多く含まれますが、
脂肪は少ないです。

5.×
エンテロバクターサカザキ(坂崎菌)の不活化に必要な調乳温度は、
70℃以上です。
乳幼児がこれに感染すると、髄膜炎や腸炎を引き起こします。

2016/07/31 10:11
ID : hyqgtumzsd
0

正解は 3 です。

応用栄養学/妊娠期、授乳期からの出題です。

1.胎盤から分泌されるエストロゲンは乳汁分泌を抑制します。エストロゲンは乳汁の生成を促すプロラクチンの分泌を増加させますが、プロラクチンが乳腺細胞へ結合するのを抑制するため、乳汁分泌の抑制につながります。

2.調乳後に殺菌する終末殺菌法は病院などでは行われますが、家庭では無菌操作法が一般的です。

3.正しい記載です。人乳は牛乳と比較するとラクトアルブミンや免疫グロブリンが多く、カゼインは少ない傾向にあります。

4.母乳の脂質は成熟乳に多く含まれます。初乳ではミネラルやたんぱく質が多い傾向にあります。

5.エンテロバクターサカザキの不活化には70℃以上のお湯を用いて調乳を行います。

2016/07/06 09:01
ID : oovsedpp
0

正解は、3です。

1:胎盤由来のエストロゲンは、乳汁分泌を抑制します。分娩で胎盤が娩出されると血中のエストロゲンとプロゲステロンが減少します。そして、プロラクチンの作用により乳汁出るようになります。

2:家庭での調乳では、無菌操作法が一般に用いられています。

3:〇

4:脂質は、成熟乳のほうが初乳より多く含まれています。

5:エンテロバクターサカザキ(坂崎菌)の不活化に必要な調乳温度は、70℃以上です。

2015/08/10 17:12
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。