過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

熱中症の際に生じる変化に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
尿量の増加
 2 . 
細胞内への水分の移行
 3 . 
血液量の減少
 4 . 
体温の低下
 5 . 
運動能力の向上
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1. 脳下垂体後葉から抗利尿ホルモンの分泌が促進され、尿量は減少するため誤となります。

2. 熱中症で脱水状態になると細胞外液の水分が欠乏し、浸透圧が上昇する結果、細胞内の水は細胞外へ移動するので誤となります。

3. 体温が上昇し、発汗が行われ脱水症状になると、循環血液量は減少し、全身倦怠感や吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛などをひきおこします。よって正となります。

4. 熱中症の場合、体温は上昇するので誤となります。

5. 頭痛、悪心、めまい、意識消失、ショック状態などの症状があらわれ、運動能力は低下するので誤となります。

よって正解は、3. となります。

2016/12/01 18:29
ID : ftvfcgqaq
0

1.熱中症になると、尿量は減少します。水分を体内に保つため、抗利尿ホルモンであるバゾプレッシンの分泌が亢進するからです。

2.熱中症になると、細胞内ではなく細胞外への水分の移行が生じます。

3.熱中症になると脱水症になり、血液量は減少します。
よって、正しい答えとなります。

4.熱中症になると、体温は上昇します。

5.熱中症になると、運動能力は低下します。

2016/06/15 19:34
ID : hvhomzxu
0

1.発汗により体内の水分が減少するため尿量は減少します。

2.熱中症時の細胞の水分の状態は
、細胞内に水分が移行するのではなく細胞外液の減少です。細胞内液は変化しません。

細胞内液は細胞内に含まれる水分で、カリウムイオンを多く含んでいます。体重の40%を占めていて、加齢による細胞数の低下に伴って減少します。

細胞外液には血液や尿、リンパ液などがあり、ナト
リウムイオンを多く含んでいます。

3.血液量は発汗によって体温を低下させようとするため低下する。

4.熱中症により体温は上昇する。

5.運動能力は低下する。

熱中症は高温多湿な環境で起こりやすく、発汗による脱水やナトリウムなどの電解質の低下が起こり、さまざまな症状が発生します。

2015/07/19 12:52
ID : oanwvaozo
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。