過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食事療法を拒否している患者に対する、栄養カウンセリングに関する記述である。受容的な態度を示す発言として、正しいのはどれか。

 1 . 
「どんなことでも良いので、できることはありませんか。」
 2 . 
「食事療法をして、薬がいらなくなった方もいますよ。」
 3 . 
「今、食事療法を始めないと、合併症が心配ですね。」
 4 . 
「食事療法は、やりたくないと思っていらっしゃるのですね。」
 5 . 
「私もお手伝いをしますので、一緒に頑張りましょう。」
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.この選択肢の言い方では食事療法を拒否している患者の気持ちを考慮せずに、具体的に食事療法の目標を立てようとしています。よって、受容的とはいえません。

2.患者が食事療法を拒否しているにもかかわらず、この選択肢の言い方では食事療法を押しつけています。よって、受容的な態度とはいえません。

3.患者が食事療法を拒否している状態でこの選択肢のような言い方をしても効果はありません。栄養学上の知識の習得を性急に求めないで患者の気持ちを聴いていくことが必要となります。

4.食事療法を拒否している患者の気持ちになって考えようとしていることが分かり、その気持ちを受け入れようとしています。
よって、4番が正しい答えです。

5.この選択肢の言い方は患者の気持ちを受け止めず、一方的に押しつけています。よって、受容的な態度ではありません。

2016/06/21 20:52
ID : hvhomzxu
0

1.受容とはありのままを受け入れることです。
4はクライアントの気持ちを繰り返すことで確認しており正解です。相手の気持ちに寄り添います。その他の回答は受容的な態度には当てはまりません。

2015/08/26 21:05
ID : oanwvaozo
0

食事療法をやりたくないという気持ちを受け入れています。他の解答は積極的に何かをしようとしています。受動的なのは4のみです。

2015/06/16 14:34
ID : ufmgroyhr
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。