過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 栄養教育論    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

食事療法を拒否している患者に対する、栄養カウンセリングに関する記述である。受容的な態度を示す発言として、正しいのはどれか。

 1 . 
「どんなことでも良いので、できることはありませんか。」
 2 . 
「食事療法をして、薬がいらなくなった方もいますよ。」
 3 . 
「今、食事療法を始めないと、合併症が心配ですね。」
 4 . 
「食事療法は、やりたくないと思っていらっしゃるのですね。」
 5 . 
「私もお手伝いをしますので、一緒に頑張りましょう。」
この管理栄養士 過去問の解説(4件)
1

1.この選択肢の言い方では食事療法を拒否している患者の気持ちを考慮せずに、具体的に食事療法の目標を立てようとしています。よって、受容的とはいえません。

2.患者が食事療法を拒否しているにもかかわらず、この選択肢の言い方では食事療法を押しつけています。よって、受容的な態度とはいえません。

3.患者が食事療法を拒否している状態でこの選択肢のような言い方をしても効果はありません。栄養学上の知識の習得を性急に求めないで患者の気持ちを聴いていくことが必要となります。

4.食事療法を拒否している患者の気持ちになって考えようとしていることが分かり、その気持ちを受け入れようとしています。
よって、4番が正しい答えです。

5.この選択肢の言い方は患者の気持ちを受け止めず、一方的に押しつけています。よって、受容的な態度ではありません。

2016/06/21 20:52
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1.受容とはありのままを受け入れることです。
4はクライアントの気持ちを繰り返すことで確認しており正解です。相手の気持ちに寄り添います。その他の回答は受容的な態度には当てはまりません。

2015/08/26 21:05
ID : oanwvaozo
1

食事療法をやりたくないという気持ちを受け入れています。他の解答は積極的に何かをしようとしています。受動的なのは4のみです。

2015/06/16 14:34
ID : ufmgroyhr
0

・受容的な態度とは、相手の思いを受け止め、共感し、認めることです。

1. 食事療法を拒否している患者の思いを受け止めず、できることはないかと発言しているので誤となります。

2. 食事療法をして薬がいらなくなった方もいますよという発言は、食事療法を拒否している人へ押し付けていますので誤となります。

3. 合併症が心配ですねという発言は、患者の話や気持ちを受け止めていないので誤となります。

4. 食事療法はやりたくないと思っていらっしゃるのですねという発言は、相手の思いを受け止めている発言なので正となります。

5. 私もお手伝いしますので一緒に頑張りましょうという発言は、患者の思いを受け止めず、一方的にすすめようとしているので誤となります。

よって正解は、4. となります。

2016/12/13 22:23
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。