過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

成人のネフローゼ症候群に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
エネルギー摂取量は、20~25 kcal/kg標準体重/日にする。
 2 . 
浮腫に対しては、水分摂取量を80 mL/kg標準体重/日にする。
 3 . 
血漿膠質浸透圧は、上昇している。
 4 . 
糸球体毛細血管のたんぱく質の透過性は、亢進している。
 5 . 
たんぱく質摂取量は、1.5 g/kg標準体重/日にする。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

ネフローゼ症候群は、腎臓の糸球体からタンパク質が尿に漏出してしまう病気です。
血中たんぱく濃度の低下、たんぱくの低下による浮腫、たんぱくを増やすために肝臓の機能が亢進して起こる高コレステロール血漿などが起こります。

1.エネルギーは基本的に35kcal/kgです。

2.浮腫がある場合は食塩量を0~7gとします。

3.血漿膠質浸透圧は、低下しています。血漿膠質浸透圧とは血中のアルブミン濃度で起こる浸透圧のことです。

4.正解です。
糸球体毛細血管のたんぱく質の透過性は、亢進していてそのためたんぱく質が漏出してしまいます。

5.たんぱく質摂取量は、微小変化型以外0.8 g/kg標準体重/日にします。微小変化型は1.0~1.1gです。

2015/08/01 22:11
ID : oanwvaozo
0

1.エネルギー摂取量は、35kcal/kg標準体重/日にします。

2.ガイドラインでははっきりとした数値の掲載はされていませんが、水分摂取量は20~30mL/kg/日が望ましいとされています。ただし、浮腫でも高度の場合は水分の制限を行うこともあります。

3.血漿膠質浸透圧は、低下しています。血漿膠質浸透圧とは、血漿のたんぱく質により作られる浸透圧のことです。ネフローゼ症候群では低たんぱく血症をきたすため、血漿膠質浸透圧は低下します。

4.健康な状態では、糸球体毛細血管壁は分子量の小さな物質しか通りませんが、これが障害されることにより、分子量の大きいたんぱく質が通るようになってしまいます。そのため、たんぱく尿が出てしまいます。
よって、正しい答えです。

5.たんぱく質摂取量は、0.8g/kg標準体重/日にします。

2016/06/30 20:35
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。