過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

短腸症候群に関する記述である。誤っているのはどれか。

 1 . 
在宅静脈栄養法の適応となる。
 2 . 
症状に下痢がある。
 3 . 
クローン病は、原因疾患となる。
 4 . 
成人では、残存小腸の長さが150 cm以下である。
 5 . 
経口摂取は、不可能である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.短腸症候群により残存小腸が100cm以下となった場合は経口摂取が難しいため在宅静脈栄養法が適応されます。
正しい答えです。

2.小腸が短くなったことで吸収不良がみられるので、下痢も起こります。
正しい答えです。

3.クローン病も原因疾患の一つに挙げられます。
正しい答えです。

4.短腸症候群とは、残存小腸が150cm以下となり、栄養素の消化吸収に障害がみられる疾患です。
正しい答えです。

5.残存小腸が150cm以下であれば経口摂取も可能です。
よって、誤った答えとなります。

2016/07/04 18:24
ID : hvhomzxu
0

短腸症候群は、通常5~6mある成人の小腸の長さを1.5m以下に切除したことで消化吸収に障害が起こるものです。小腸の長さが短くなることで消化吸収をできる面積が減少し様々な症状が発生します。

1 .経口摂取が困難な場合に、在宅静脈栄養が活用されています。小腸の長さが100cm以下になると経口による栄養管理がむずかしくなります。

2.消化吸収障害が起こることによる下痢は代表的症状です。嘔吐や低栄養、脱水なども起こります。

3.クローン病は原因となります。
クローン病は口腔から肛門まで消化器の
広範囲に点在して炎症、潰瘍を伴う疾患です。短腸症候群の原因の10%を占めます。

また、同じ炎症性疾患の潰瘍性大腸炎と合わせて病変部位、好発年齢、症状、栄養療法が問われることがあり確認しておくと良いでしょう。

4.在存小腸150cm以下で短腸症候群に当てはまります。

5.在存小腸が100cm以下だと経口からの消化吸収は難しくなりますが、それ以外の場合可能です。
よって正解は5です。

2015/07/24 17:32
ID : oanwvaozo
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。