過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

特定健康診査・特定保健指導に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
医療保険者は、特定健康診査・特定保健指導を実施する義務はない。
 2 . 
積極的支援対象者に対する支援プログラムは、1~2か年で計画する。
 3 . 
糖尿病等生活習慣病有病者・予備群の30%減少をめざしている。
 4 . 
特定保健指導の行動目標は、医療保険者が決定する。
 5 . 
医療保険のレセプトは、アウトカム評価に活用できる。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

1.医療保険者に実施する義務があります。

2.積極的支援対象者に対する支援プログラムは、3~6か月で計画します。

3.糖尿病等生活習慣病有病者・予備軍の25%の減少を目指しています。

4.特定保健指導の行動目標は、自分で設定しそれを実行できるようにします。

2015/07/13 22:32
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

1.医療保険者は、特定健康診査・特定保健指導を実施する義務があります。

2.積極的支援対象者に対する支援プログラムは、3か月以上で計画し、6か月後に評価を行います。

3.糖尿病等生活習慣病有病者・予備軍の25%減少をめざしています。

4.特定保健指導の行動目標は、対象者本人が決定します。

5.レセプトとは、診療報酬明細書のことで、医療機関が診療報酬に基づいて請求する医療費の明細のことです。これを見ることで、医療費が増えたか減ったかが分かるので、アウトカム(結果)評価に活用することができます。
よって、正しい答えとなります。

2017/06/01 19:54
ID : hvhomzxu
0

◎特定健診・特定保健指導
平成20年4月より開始され、生活習慣病の発症・重症化予防を目的としたものです。

1. 医療保険者が実施主体となって行うので誤となります。

2. 積極的支援は3か月以上の継続的支援で3~6か月で計画するので誤となります。情報提供は年1回、健診結果と同時に行い、動機づけ支援は原則1回行い、6か月後に評価を行います。

3. 糖尿病等の生活習慣病有病者・予備群25%を削減目標としているので誤となります。

4. 特定保健指導のの行動目標は、対象者自ら生活習慣を振り返り設定するので誤となります。

5. 医療保険のレセプト(医療報酬の明細書)はアウトカム評価(結果・成果の評価)に活用できるので正となります。

よって正解は5. となります。

2016/06/28 21:16
ID : ftvfcgqaq
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。